March 07, 2018

スギ花粉症 50年戦争

 スギ花粉症歴50年の近藤です。
 本当に苦労してきました。
 工夫もしてきました。

 不幸にも最近になって発症してしまった人たちのために、私のスギ花粉症対策をメモしておきます。
 同病の方、他にもなにかよい対策があったら教えて下さい!

・ 年が明けたら予防態勢に入る
  1月になったらお医者さんに行って薬を処方してもらいます。
  忘れないようにGoogleカレンダーの「繰り返し予定」に登録。
  飲み薬のアレグラ、点鼻薬、点眼薬のリボスチン。
  劇症がでてしまった場合にとん服的に用いるアラミスト点鼻薬(ストロイド)

  発症して、粘膜が荒れてしまってから元に戻すのは大変です。
  発症予防が一番大切。

・ 身辺に花粉をまとわりつかせない
  項目毎に書くと以下のとおり。

・ 髪
  朝シャワーしたら、粘性を維持できる整髪料をつける。
  ぼくは、整髪料じゃないけどニベアを愛用しています。
  こうしておくと、髪にまとわりついた花粉がニベアに絡め取られて落ちてこない。

・ 目のまわりと鼻の穴
  おなじく朝シャワーしたらワセリンをぬる。
  こうしておくと、目と鼻に寄ってきた花粉の相当部分をブロックできる。
  この方法は、片岡義男さんの小説で、砂漠のハイウエイを走るオートバイライダーが目の周りにグリセリンを塗ってる描写があって、思いつきました。
  商品化されたチューブも売っているけど、ワセリンでも十分効果があります。

・ 服
  ニット、フリース素材は厳禁。
  外を歩く場合は、表面がつるつるの化繊のコート・ジャケットを着る。
  部屋に入る前は、ドアのまえで脱いでバタバタして、花粉を落とす。

・ 洗濯物と寝具
  外に干してはいけません。
  浴室乾燥機で乾かす。

・ 窓は開けない

・ 帰宅したらシャワー

・ マスク 
  起きているときは当然として、寝るときもマスクしています。
  安価で効果のある不織布のマスクが普及したのはほんとにありがたい。
  耳がひっぱられて痛くなったり、場合によっては切れて血が出る(泣)
  自分にあうサイズのマスクを見つけることも大事ですね。
  合うものが見つかったら大量に買って、惜しげなくつかう。
  マスクに花粉がついてしまうこともあるので、どんどん使い捨て。
  といっても1日1枚か2枚で足ります。

AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA
 発症してしまったら

 くしゃみ、鼻水、涙、全身倦怠感、時に蕁麻疹
 ああつらい。

・ 午前中がつらく、午後から夜にかけて症状は軽くなる。
  うつ症状と似ていますね。
  人と会う予定は午後にした方がいいかも。
  
・ コルゲン鼻炎カプセルを飲んでじっとしている。

・ 交感神経を優位にすると症状が軽くなるという説がある。
  吉行淳之介さんは、車の運転をすると喘息の発作が治まったとか。
  たしかにやむを得ず車の運転をすると、ひっきりなしに出ていたくしゃみが収まる。
  しかし、危険(笑)。
  治療として運転するのはやめた方がいいに決まっている。

・ 究極の対策は、北海道か沖縄に行ってしまうこと。
  3日滞在するとずいぶん良くなる。
  本州に戻ってくれば同じじゃないか、といわれればそうだけど。
  3日間、アレルギー症状の苦しみから解放され、粘膜が再生してくると薬の効き目もよくなる。
  でも、これも結果論で、治療目的で旅行したことはありません。
  一時期、那覇にウイークリーマンションを借りて2月と3月は、そちらで過ごそうかと思った。
  なかなか、そうもいかないのが憂き世なり。

BBBBBBBBBBBBBBBBBBBBBB
 あとは免疫力を落とさないこと。
 それについては、こちらをどうぞ。
『歳を取ってもそれなりに健康でいるために』

 まだまだあるような気がするが、きょうのところはこの辺で。

 ぼくが発症した頃は、スギ花粉症というの診断名自体が知られていない時代で、鼻風邪と片づけられていました。
 高校、大学、司法試験、受験前に必ず発症し、病弱、怠け者といわれ(泣)
 標準的な対策が確立されてきたいまは、花粉症患者にとっては、よりよい時代です。
 花粉症のみなさん、つらいですが、なんとか乗り切っていきましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2018

 『AI vs.教科書が読めない子どもたち』 新井紀子 著

Aivs

↑ 人工知能の可能性と限界について、文系の人間にもわかるように、的確に説明した素晴らしい本です。
 世の中、AIが人間を超えてしまうかのような書籍や記事にあふれていますが、この本は、AIの本質的な「限界」についてもきちんとと論じています。
一人でも多くの人に読んで欲しいです。

この本を読むまでのいきさつについて、私事ながら書いておきます。

昨年だったか、ある弁護士が年賀状に

「最近読んだ本でもっとも衝撃と感銘を受けた」

と述べている本がありました。↓
Saito

そこまでいわれたら、と思って早速購入して、読み始めてはみたものの、最初の4分の1ぐらいで放り出してしまいました。

「ひどい本だな」とは思いましたが、ネット上には原則としてネガティブな事は書かないことに決めているので、黙ってアマゾンに古本として出品してしまいました。

しかし、気になっていたのは、AIが人類の能力をあらゆる分野でこえる地点「シンギュラリティー」が来るのか来ないのかという点でした。

自分の直感は

「来るわけない」

ですが、巷には触れる情報は、あたかも近い将来にくるようにように、煽り立てています。
上記の本の、著者の斉藤元章さんは、さまざまな場所で天才と賞賛されていました。
トンデモ本だとといって放り出している自分が傲慢なバカなのかなという思いが払拭できません。

そのうち、斉藤さんは、スーパーコンピュータ開発補助金を詐取したということで、逮捕されてしまいました。
しかし、ジョブスだって、運が悪ければ「山師で詐欺師」として生涯を終えた可能性があったわけだし、天才であるがゆえに、暴走したという可能性もあるだろうという思いもありました。
実際、そういう方向からの報道やコメントもネット上にはありました。

そういうわけで、AIについて、本質的な解説を読みたいと思っていました。
そうしたところ、東京新聞のコラムで、佐藤優さんが、この新井さんの本を激賞しておられたので、早速読んでみたわけです。

AIの現在の到達点と限界が、きわめてわかりやすくタネ明かしされており、「近未来にシンギュラリティがやってくる」という言説の問題点が、本質的なところから、よくわかりました。

数学者であり、国立情報研究所教授、同社会共有知研究センター長の新井さんは断言します。

「AIは神にはなりません」
「AIは人類を滅ぼしません」
「シンギュラリティは到来しません」

なぜなら、スーパーコンピュータであれ、量子コンピュータであれ、原理は数学に基づいており、「論理」「確率」「統計」以外の手法に基づく問題解決は、原理的に不可能だからです。
このことが、さまざまな例を用いて、きわめてわかりやすく説得的かつ論理的に解説されています。

だからといって、安閑としていてよいということではありません。
シンギュラリティは来ないけど、現在、人間がこなしている仕事の多くのうち「論理」「確率」「統計」で解決できる問題は、AI技術によって代替されてしまいます。

だとしたら、それを踏まえて次の世代には、どのような教育を施すべきなのか。
現在の教育政策は、それに相応しいものなのか。
教育学者でもある新井さんが検討し、提言します。

購入はこちら

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 24, 2018

妻退院1週間




妻は退院して1週間
順調に、回復しております

明日は、国技館で開催される「5,000人の第九コンサート」に出演するそうです

手術の結果によっては、出演できなかったかもしれない演奏会に出演できてよかった

個別にお返事しておりませんが、励ましのコメント、たくさんのいいね、励みになりました
ありがとうございました

写真は、退院直前に世古夫妻からいただいたお花の残り

大輪の花が散っても、これはこれで風情があります


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2018

妻 退院後1日目




長年、愛用しているグラスが、弥生の入院前に、僕の粗相で割れてしまった。
無事、退院できたら、お祝いに買おうね、と話していた。
退院翌日の今日、18日、早速、買いに行ってきました。
弥生もリハビリがてら、一緒に行きましたが、さすがに疲れた様子。
手術の影響もさることながら、4週間も病院暮らしだったから、疲れるのは当たり前。

ついでに、staubの小さなお鍋も買いました。

帰ってきて、短い午睡ののち、食器の整理整頓。
運動しようと思っていたのに、気がつくと夕焼け。



家事は、まだしばらく僕の役目で、夕食をつくりました。
サラダ(春菊、水菜、キャベツ、チーズ、ポンカン、トマト)
アヒージョ(1回目はシーフードミックス、2回目は砂肝とハツ)
焼き鳥(高島屋の伊勢廣で購入)
大根葉とちりめんじゃこのピリ辛炒め


備忘に前回記事以降のことを書いておきます。

15日(木)
とある契約に立会い
「本日はお忙しいところ、ご同席下さいましてありがとうございました。
大変心強く、安心出来、また嬉しいかぎりでした。
また、いろいろとご説明いただきまして、難しいことも理解できました。
心よりお礼申し上げます。」
というメールをいただく。

午後、所内ミーティングが4件
夕刻、古くからの顧問先のT社長来所

18時〜 先輩のバンド Witty Party のお手伝い〜練習後の呑み

16日(金)
10時〜12時 新しい顧問先のY社のY専務とキックオフ・ミーティング
午後の訪問相談キャンセルとなり
16時30分  Nさんご夫妻とご紹介者の税理士K先生来所
18時30分  司法試験受験時代からお世話になっているA先生と会食

17日(土) 
妻、退院の日。
10時半の予定が会計がなかなか終わらず11時半近くになってしまう。
その足で、妻の実家の敷地にあるお稲荷様の祭礼へ
ご祈禱には間に合わず
お弁当をいただいて、それで昼食
バタバタしていて、野口体操の教室へ行きそびれる

夕食は鶏団子鍋。

この日、羽生結弦が金メダル獲得。
彼に限らず、最近のアスリーツのコメントはほんとに立派。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2018

小三治 最高でした! & バレンタインデー



きょうは、事務所へ行かないで自宅で仕事の日。
ところが、9時〜12時は断水し、停電するというので、朝は大忙し。
ごはんして、妻への差入れのカフェオレつくって、洗濯して、なぜかトイレ掃除もして(笑)
8時40分、家を脱出して、神保町へ向かう。
しばらく仕事して、10時に東京堂書店へ。ひさしぶり。
全フロアじっくりみて、8冊ほど買う。

昼食は、エチオピアで、カレー。
名店だが、いまの僕には量が多すぎるなぁ。

顧問先の高山印刷さんが、毎週水曜日は「印刷屋の野菜」を売っているので、立ち寄って、白菜、水菜、蓮根、大根、椎茸などを買う。ブルーベリージャム、クッキー、焼き芋などをいただいて、かえって申し訳なし。

その足で、妻にコーヒーと焼き芋を差入れ。
帰宅して、短い午睡ののち、仕事。
夕刻、1時間ほど、しっかり運動。

7時から、例の『小三治・小里ん 二人会』
前座の、小多け 『たらちね』
小里ん 『提灯や』
小三治『馬の田楽』

あとの2つの演目は知らなかったが、おもしろい。
3人ともとっても、よかった。
なにより、小三治師匠、とっても好調。
頸椎の手術の後の高座は心配しましたが、完全復活で、すごく安心しました。

話変わって、チョコくださったみなさん、ありがとうございます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2018

本の断捨離 & 後輩のお見舞い




きょうは、朝から書斎の掃除。
本の断捨離。
近藤麻理惠が、本を整理するときは、いったんすべてを書棚から出せ、というのでいうとおりにしたら、えらいことになった。
このまま、途中でやめては、カオスとなるので、食事もろくにとらず、必死でがんばった。



一部を事務所に運んだりして、妻の病院へ。


大学のクラブの後輩の世古君夫妻がお見舞いにきてくれていた。
一緒の写真は撮り忘れちゃった。
いろいろいただいたけど、お花は置いていけないらしいので、持ち帰って、奉る。


花を拝みつつ、清々しくビールをいただく。
よい連休の締めくくりであった。

いまは、平昌オリンピックの女子ジャンプの中継中。
高梨がんばれ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2018

『花を奉る』 



我が家にある、石牟礼道子さんの書です。
もちろん、コピーです(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 10, 2018

石牟礼 道子さん 逝去



 90歳だそうですから、天寿をまっとうされたというべきでしょう。

ノーベル文学賞を受賞してほしかった。
近年は、石牟礼さんと盟友渡辺京二さんの本を読むことが多かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2018

病気自慢 & 友遠方より来たる

Photo

妻は、もう松葉杖でなく、ふつうの杖で歩いています。
来週末には退院か。
お陰さまでございます。
医学の発展には、本当に感謝。
それに引換え、法曹界は進歩がなさすぎるな。

妻の退屈しのぎに、敬愛する玉村豊男さんの本を差し入れていました。
読み終わったというので、私がひきとって読みました。
玉村さんが、事故や病気であれこれあったことは、断片的には知っていましたが、まとめて読むと、なかなか壮絶な内容でした。玉村さんのことですから、洒脱にお書きになっていますが。。。

私は、小さいときは「20まで生きられないのでは」といわれたほど病弱でしたが、お陰さまで中学校以降は、大病なく今日まで生きてくることができました。

妻は、健康優良児でしたが、ここ10年、ほんとにいろいろありました。
こういうのは、人生バランスが取れているとはいわないよな。

話変わって、今日は、お昼過ぎに、高校時代の同級生で法医学者の青木君が突然訪ねてきてくれました。
短い時間でしたが、いろいろ話ができてよかった。
今度は、夜、ゆっくりやりましょう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2018

松葉杖なしで立っておりました( ・_・;)



今日は事務所へ行かずに、家で仕事してました。
集中できます。

午後、1時間ほど運動。
夕刻、カフェラテをつくって、サラダとフルーツカクテルを持って、病院へいくと、あら、びっくり( ・_・;)。
妻は、松葉杖もなく、立っておりました。
さすがに、歩くのは松葉杖つかっていましたけど。
明日から、ゴムバンドつかってリハビリとか。
順調でなにより。

お見舞いにきてくださった眞砂さんご夫妻、俊伊ちゃんご夫妻、ありがとうございますm(_ _)m

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«1週間で松葉杖