« フォーク夜話 | Main | 申立2日目 本の買い込み »

February 01, 2005

母からのメール

050201_2113.jpg
 実家の母は、77歳にして、携帯メールを覚えたので、こりゃ、ひょっとしてインターネットやメールもできるようになるかも、と思って、ADSLを引いて、お古のPCをあげた。正月明けにセットしたのに、すぐに、がんばってメールをくれるようになった。姪が教えたところ、砂時計のことは「俵」、マウスのことは「ねずみ」と呼んでいるそうだ。

 郷里での講演について、母がくれたメール。ひらがな入力がうまくできないことが、期せずして野口英世の母の手紙の効果を出していますね(笑)

明智は大雪です。足の悪い婆は一歩も外えわ出られません。  講演の講評はなかな
か良くて。 R子さんや。 S子の。 お友達からメールが入って褒めて下さる様で
す   私も下に下りていくとお褒めの言葉に会えて嬉しいです。 ○○の叔父さん
は君の生い立ちを知っているだけに涙してお。   
りました。  爺様は耳が遠くて何も聞こえていないようです。  S子は都合が悪
くて聴けなかったそうで。 テー夫。が欲しいと言っております。 送ってくださ
い。   どうしても。濁点の○の付け方が分かりません。     K子

|

« フォーク夜話 | Main | 申立2日目 本の買い込み »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78585/2772553

Listed below are links to weblogs that reference 母からのメール:

« フォーク夜話 | Main | 申立2日目 本の買い込み »