« July 2006 | Main | September 2006 »

August 31, 2006

眉毛のその後 息子帰る

 昨晩、息子とのこの夏最後の晩餐の後、子どもたちがふざけてメイの眉毛を濃くした
 息子の眉毛が濃いので、同じ顔にするというのであった(写真)

 水性サインペンで描いていたので、濡らしたタオルでこすって消そうとしたら
 メイが怒って噛みつかれた 
 睡眠不足と酒酔いのため、それ以上は断念して寝る

8月31日(木)
4時 明日の講義の準備
11時30分 息子が卒業パーティなどでスーツがいるというので(早くいえ!)お店を探して調達
15時00分 塾の娘をピックアップして成田へ
 行く道、娘が「田舎の人」を馬鹿にする
 妻が「あんたも、半分田舎者の血が入っているのよ」とかいうので
 地方を大切にしないことの愚かさを語る ちゃんと聞けよな!

 フジヤで男はビール、女は甘味 
 途中、寒気を感じてドラッグストアで葛根湯を買い、ユニクロで前開きのスエットを買う
 
 息子は17時30分 出国手続きに向かう
 娘いわく「中に入ってから、Mちゃんと話す時間がいるじゃん?」
 
 帰路はひたすら寝る 寝汗かいて風邪はたぶん大丈夫
 自宅近くのK平という、やきとん屋で、レバ刺しとか食べて夕食代わりとする

 妻は息子の将来についていろいろ語る
 ふむふむと聴きつつ焼酎のお湯割り2杯

 明日で怒濤の4ヶ月も一区切り
 睡眠不足で気を失ったことはあっても、風邪ひとつひかず、乗り切れた(るはず)
 まわりの皆様のおかげと感謝

 ありがとうございました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 30, 2006

スタジアムが見えてきた

8月27日(日)
実家から帰ってきてから水曜日の講評に向けて採点やら講義の準備やら

8月28日(月) 
昨日と同じ

8月29日(火)
昨日と同じ
19時 車で事務所へ
20時 Nさんと事務所でミーティング
 あまり満足のいかない結果だった。
 わが国の司法のありかたに少し悲しみを感じる
 ミーティング後、明日の講義の準備
22時36分
 大阪へ行っていた息子を東京駅に迎えて帰宅

8月30日(水)
 W市 9時40分から14時40分 講義
 お昼休みにW教官と面談
 15時 合議
 16時30分 民裁教官らと合議

 今日は、この夏、息子と食事ができる最後の夜
 我が家の4人に妻の両親、妹で会食

 息子は明日カナダへ帰る。
 私の教官生活一年目もようやくスタジアムが見えて来た。
 朝晩はすっかり涼しくなり虫の音がきこえ、短くも濃い8月は終わった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2006

眉毛


↑ 娘がいたずらで眉毛かきました

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 27, 2006

命を担保に

(今日だけで3つ更新したので、下のふたつも読んでくださいね)

 毎日新聞が、消費者金融(サラ金)についてのキャンペーンを報道してる。
 最近は、借り手が死亡したときに生命保険金が支払われるようになっていたことを批判的に報道している。

 しかし、この論調はおかしい。
 保険金が入らなければ、債務は遺族が相続するので、遺族の負担を考えたら、生命保険をかけてあることは、決して悪いことではない。
 毎日新聞は、サラ金の担当者が取立ての際に「こいつが死ねば、保険が支払われるから」というので厳しい取立てをする可能性がある、ってことを問題にしている。
 そんなことは空論です。
 サラ金っていうのは30万とか50万とかの小口金融なので、取立て担当者が、債務者が死んでもいいから取り立てたいなんて思うわけがない。
 大丈夫か、毎日新聞。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明知鉄道

実家にもメイを連れて行ったので、結局、朝舐められる。
散歩に連れて行き 長い半身浴をして 体操

母のつくった朝食をたべる
母は77歳にしてメールとブラウザが使えるようになった
一太郎はワードより使いにくい、ともいう
今度は、たべものレシピをブログにしろ と勧める

8時05分発のディーゼルカーで帰路につく
妻はもう一日残る 息子は大阪へ
私と娘は帰京する

お昼過ぎに東京着
娘は勉強 私は仕事 メイは昼寝


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2006

43キロ

23日(水)
 家から一歩も出ず、ひたすら仕事 木金土のすべてにめどをつける
 夜、映画監督の松井久子さんとご子息の勇気さんとうちの家族4人で食事
 勇気さんの現在の仕事や、久子さんの新作レオニーのはなしをうかがう

24日(木)
 終日W市 長く続いた民事共通演習の最終日
 和解 最終弁論期日 判決言渡 講評
 なかなか様になってきてうれしい 教官冥利です
 夜、打上げ

25日(金)
 終日W市 講義 合議 
 5時頃事務所に戻るが3日分溜まった種類を片つけるだけで精一杯
 体調を考えてG社のお誘いをお断りする ごめんなさい
 今日から妻と息子は、岐阜の父母のところへいっている
 娘とふたりで夕食 かえりに拾った葉っぱ
 「カナダ国旗!」とか意味のないことをいって娘にバカにされる

26日(土)
 3時起床
 10時 朝日カルチャーで相続について講座
 13時 娘と岐阜の実家へ
 息子と妻が車で迎えにきてくれている
 息子の運転はまだこわい
 夕刻、スーパーマーケットの駐車場で車庫入れを教える
 あとは発進時や停車時のメリハリだな
 夜、次兄と別系統の兄も来て食事
 父はすっかりやせた43キロとか


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2006

はだし

3時50分 メイに起こされる
 就職関係の相談メールに返事をかいたりレジュメの指導をしたりして
5時10分 メイの散歩
 最近、はだしで散歩することにした
 野口体操をするようになってから健康に意識的になった
 こまめな体温調節
 長時間の半身浴
 効く!シャワーの浴び方
 衝撃の少ない歩き方
 五本指ソックス
 Burkenstockのいぼいぼサンダル(自宅でも仕事場でも)
→これに慣れきったのではだしに挑戦
 毎朝の体操
 内臓に負担をかけない食事
 早めの葛根湯
 
 どうしてもやめられないのがお酒

10時 Fさんと伊合弁会社のはなし
12時 自宅で仕事すべく帰宅
 息子から免許とれたとの連絡があったので、メイと共に試験場に行き、ピックアップして練習させる
 試験場から事務所
 事務所から高速に乗ってレインボーブリッジ
 ぐるりとまわって試験場
 車線変更時、メルセデスと接触しそうになる ひやひや
 
 帰宅後昼寝して、ずっと仕事
 土曜日のめどがついた
 
 明日は木金のめどをつける

| | Comments (0) | TrackBack (0)

最終コーナー

20日と21日の記事です。

20日(日)
息子が本日卒業検定にもかかわらず、昨夜、はめをはずしすぎ、かつ、虚偽の報告をしたので、朝から大爆弾を落とす。
終日、採点。
合間をみて、私もMTRで「博多っ子純情」を録音する。
夜、家族と妻の妹で、もんじゃをたべにゆく。

息子は卒業検定に合格し、明後日、江東運転免許試験場へゆく

21日(月)
午前は事務所 午後はW市
今週、2日合計3コマ 来週2日合計3コマ
そのほか、採点があるがこれでほぼ終わり
最終コーナーに向かっている

中島隆信さんの「これも経済学だ!」を読む。
共感するところ多し。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2006

仕事 床屋 秋葉 MTR

 朝、風呂に日本酒を5合入れて長時間入浴 昨日の新聞に出ていた健康法
 事務所で仕事
 床屋 顔そりとセットはなしにしてもらい、頭皮マッサージをオプションでつけてもらう きもちいい!
 H社でMさんと雑談
 その後、秋葉へいってMTRというものを買う 多重録音機
 デジタル技術の発展で、音楽スタジオの機能全部が数百グラムの機械に収まっている
 64トラック多重録音 エコー リバーブetcのエフェクト完備 数百パターンのリズム(ドラムやパーカッション)
 ある楽器の音をちがう楽器の音に変えてしまう機能 音痴やリズム音痴を補正する機能(うそじゃないよ)
 値段はたった3万円! 

 店内には楽器が満載
 デジタルドラムのコーナーではがまんできずしばらくドラムを叩いてあそぶ たのしー!
 大荷物になってしまったので、コインロッカーを探すがどれも使用中
 体操に持って行くにはあまりに大変なので、あきらめて帰宅(泣)
 息子がいたので、ふたりで録音して遊ぶ

 夕方、A社から先日の故障のことで電話
 対応があまりに官僚的なのでサービス業の基本を懇々と説く

 妻とふたりでTで夕食

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 18, 2006

Mobile Office

 今日はお昼前から流浪の人となり、八潮、秋葉原、鶴見などを流浪しています。
 漂流しつつもノートPCで仕事をつづける。

 写真は鶴見駅前の侮れない喫茶店
 よくいえばオーセンティック、古くさーい店なのだがビールはオランダとベルギー
 テーブルはひろびろ 店内は静寂

 19時 G社の暑気払いに参加
 会社のPCでWEBへのアクセス制限がうっとうしいという話題
 一部の不祥事(の可能性)のつけを大多数の善良なユーザーに転嫁するな!

 一次会で失礼して、秋葉原の駅内書店で2冊、帰宅後よみながら寝る
  
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

深夜の騒擾 強制終了

18日(木) ずっと事務所で仕事
 溜まってしまった書類を確認し、整理し、処理し、の繰り返し
 18時 大手外資保険会社から独立したYさんの会社設立のお祝い
 お店は昼夜続けて食べてももたれない天ぷら屋さん楓雅 オーナーのOさんも仕事のご縁の方 おいしい おどろきの連続
 
 Yさんとは、あるべき専門家の姿についてずっと語る

 帰宅すると誰もいないので、さっさと寝る
 深夜、妻と娘が争う声が あちこち物を叩く音も
 うるさくて寝ていられないので、起きていって弾圧する
 原因は下らなさすぎて書く気にもならぬ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 17, 2006

あの夏の思い出

16日(水) 朝から霧のような雨 
 交互尋問2日目
 月曜日からの連続カリキュラムで(先週のものや準備を入れるともっと)かなり疲弊
 午後の講評でW教官が話をこちらに振られたのに、聴いておらず(自分が次に何いうか考えてた)
 修習生に笑われてしまう(笑) W教官すいません
 個別にコメントを求めてきた人たちに対応していると1時間がすぎる
 19時すぎ帰宅
 息子が20時過ぎ帰宅 家族全員で夕食
 息子にDmaj9thとかテンションコードをおしえて、早めに寝る

17日(木) 5時前にメイに起こされる
 メイの散歩 長い半身浴 入浴中に一冊読了 じっくり体操
 ワルツ フォー デビーをかける
 昔、ジョージタウンに滞在した夏、家族で週末にカフェにブランチを取りにいった
 朝からジャズの生演奏をしていた
 頼んだシャンパンのクーラーを、まだ5歳くらいだった娘がひっくりかえした
 ウエイトレスさんが、にっこりわらって新品のシャンパンと取り替えてくれた 無料

 あの夏は行く先々で出会う見知らぬ人たちがうちの子どもたちをみて
 「Beautiful ! You are lucky !」と微笑みかけてくれた ウインクつき
 国としては中東で「砂漠の嵐」作戦だかを展開していたが
 街で接する一人ひとりのアメリカ人は素敵な人ばかりだった
 
 キャンパスにはリスがあちこちにいて、夜になると蛍が飛び交う
 大学の寮での倹約生活だったけど、このうえなく豊かな日々だった

 ピアノの音を聴いていてあの夏の思い出がよみがえってきた

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2006

Bon Bon Week

14日(月) 今週は3日連続でW市
 1~2限は民事執行の講義
 その後合議 個別指導など

 息子が仮免通ったというのでシャンパンをあける
 っていうか、冷えている飲み物がこれしかなかったという事情もある


15日(火) 終日交互尋問の演習
 夜は外部講師の先生方を招いて会食

 旧知のS先生やW先生もきてくださって派閥の会合のよう
 W先生が「ほんとうに勉強になる」とおっしゃって同感
 人に教えることは、一番自分の勉強になります

 まだ明日があるので二次会は失礼してそそくさと帰宅
 息子が桑田佳祐の「どん底のブルース」を練習しているので合わせる
 サザンの音楽はお盆における招霊の祝詞であるというのが烏賀陽弘道さんの説である
 確かにある種の楽曲にはその色が濃厚ですね

 小泉首相 最後っ屁で靖国参拝
 やれやれ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2006

Smoke on the water

12日 朝メイを連れて別荘のまわりを散策
 戻ると従兄が「気付けに一杯やろう」とビール
 10時過ぎ 12時過ぎと酒飲みが集まり、その都度ビール
 2時過ぎからバーベキューの準備 途中から焼酎やら泡盛やら
 途中で2時間ほど寝て
 また起きて続き 子どもたちは花火 写真を撮る
 ギターを弾いて唄う
 午前1時 就寝

13日 6時ころ起きてそそくさと出立
 SAでたっぷり休んで帰ってきても午前の早い時間に到着
 なんとなく優越感
 昼寝して 明日の準備 いくらでもやることがある
 東京湾の花火が順延となり、今日、窓から見える
(写真がそれですが、遠いうえにぼけぼけです)
 
 澤上篤人さんの本を3冊ほどよむ
 長期投資の勧めの本なのですが、書いてあることが鈴木孝夫さんと通じている
 ファンドマネージャーも本当に哲学がある人はすごいですね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2006

首都脱出

11日は3時起き
 ずっと仕事して
 13時~19時までW市にて
 世間はお盆モードだが、ここにお盆はない

 おっとどっこい
 21時 妻と息子とメイとともに東京を脱出
 蓼科山中で道に迷ったが午前1時に従兄の別荘に到着

12日
 6時起床 メイと散歩
 帰ってくると全国大渋滞 すこし優越感
 今日は、親戚があつまる
 明日はまた東京で仕事

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 10, 2006

お盆前


よこがお

 今日は快晴 っていうか、暑すぎる
 街はお盆前の10日ということですごい車のラッシュ

 息子が、仮免の試験をしくじったというメールがくる
 ぼろくそにいい、夕刻、妻からたしなめられる

 朝から休みなく仕事をし続けて、夕刻にはガソリン切れとなる
 早起きすることにして早々に寝る

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 09, 2006

台風通過

8日 雨の中、大荷物でW市へ 
 5時30分までびっしり。
 6時30分 T社のK代表、N社長らのご招待で会食
  その後、クラブ活動へ。女性3名も一緒に。
  伊勢正三、クラプトン、小田和正、井上陽水などを唄って帰宅。

9日 久しぶりに事務所へ来た気がする。
 11時 Hさん 打ち合わせ
 15時 弁護士会
 16時30分 高等裁判所
 19時00分 K事務所 基本設計の打ち合わせ
  家族全員でやきとり屋で夕食して帰る
 
 台風はとおり過ぎたようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 07, 2006

文は人をあらわすか


おとしぶた

6日 日曜日
 あさ、千葉のみさきへ息子を連れて行こうとするが、大渋滞で、引き返す。
 海のそばに老後の家を建てようと土地を買ったので、見せにいこうとしたのですが。
 戻ってきてデニーズで朝食。不調のため、ビール飲んで朝寝。
 その後、ひたすら採点と講義の準備。

7日 月曜日
 きのうの続きで採点と講義の準備。家からほとんど出ず。
 文章力の衰退を憂う。

 台所で おとしぶた をみつけた。
 むかし、娘が、小学校の家庭科の授業で「おとしぶた」というものがでてきたときに「ああ、あの豚の顔をしてるやつ」といったら、先生が「ちがう、ちがう、その豚じゃない、落とす蓋なのよ」といい、むすめが「その蓋にブタの顔がついていて」「ちがうちがう、木でできていて」とか、とんちんかんな会話があったらしい。それだけ。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2006

採点 ゼミ アナログ盤

朝からずっと採点
15時30分から、一部修習生のための就職ゼミ
17時30分 事務所の前のIに場所を移して飲みながらいろいろ話す
 刑事司法は腐敗しているというIさん、いやそうもいえないというNさん、Tでは実態がちがうというTさん。
 あっというまに閉店時間となる。

 帰宅して、なぜか古いフォークを聴きたくなってアナログ盤をかける。

 もどり道 by 井上陽水
 家族 by 泉谷しげる

「家族」はすごい名盤である。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

メイちゃん劇場 糸井さん

 親ばかとしりつつ、たまたま見つけたファイルから。
 クリックすると大きくなります。

Rimg0007

Rimg0011

Rimg0056
Rimg0058


4日は朝の9時からミーティングが続くので採点は断念
夕刻、日垣隆さんによる糸井重里さんに対する公開インタビューを聴きにいく。
無料ご招待なのに「お忙しいところありがとうございます。」といわれ、恐縮。

これからの働き方のスタイルをいろいろ考えさせるインタビューでした。
メモもとらなかったけど、いま思い出せるフレーズは。

「社長の知り合いだとかいって参加させてもらって、じゃまになっているようなコピーライターにはなりたくなかった。」
「業界の先輩は全員ダメになった。」
「サカナが釣れるようになって、楽しいかと言ったら、自分がただのサカナ収集機になった気がするだけだ。つれないかも知れないところで、やっと釣れるからこそわくわくする」
「日本では、お給料が我慢の対価になっている」
「お金は貯めることに意味があるんじゃない。使うから意味があるんだ。」

ひとりで台湾料理屋でビール呑んで帰宅。
向山洋一さんの教師の技術向上のための本を読みながら寝る。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2006

採点 アート ダンス 四川料理

 朝からひたすら採点 途中、気を失い、起きてまた採点
 途中、息子が高校から成績優秀賞みたいのをもらえるんだ、という話をきく。そうなんだ!
 妻はもらったら額装する、といっている。
 
 夜は、妻と佐藤比南子さんの展覧会に行く。比南子さんは、父の一番若い従妹。
 偶然にも、野口体操でお世話になっている新井英夫さんと比南子さんがお知り合いで、新井さんのダンスパフォーマンスを見る。参加もする。

 打上げに混ぜてもらって、いろいろお話をする。
 比南子さんは遠い親戚だが、話していると父方のDNAを感じる。表情や話し方や押し出し方に。
 新井さんは途中から沈没。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

世界一の爪切り

また早起きする
2日連続でW市
6時過ぎに事務所へ行って、もろもろ片付け
8時10分 W市へ向かう
 山手線の車中、午後の講義のPPTファイルを加工する
 またよいものができた(自讃)

10時から13時
13時30分から14時 それぞれ合議
15時から16時50分 倫理についての講義
 過去の懲戒事例をざっと紹介する
 うっかりミス 無能ゆえのまちがい 色と金におぼれたヒヒじいさんなど
18時00分 巣鴨 H先生のお誘いにより「とげ抜き地蔵」にお参り
 野口体操の羽鳥先生がおっしゃっていた世界一の爪切りを売っている金物屋さんを探す
 ありました! H先生とそれぞれひとつづつ購入 H先生は包丁研ぎ機も購入
19時00分 刑弁の先生方と暑気払い
22時ころ よれよれで帰宅 
 ウコンの力(売れているらしい)をみつけて焼酎割りにしてのむ ウコンの意味ない

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »