« August 2006 | Main | October 2006 »

September 30, 2006

すっかり秋日和

29日(金)
カリキュラムはないがW市へ 4名と話をする

13時 事務所へ戻る
 重い気持ちでいろいろ準備をする

17時45分 娘と待ち合わせをしてバイト先のレストランへ
 ひさしぶりにロシア料理を食べる
 疲れているのか、ワインがまわった

20時 電脳婆から電話 いろいろ愚痴を聞く
21時 眠る

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 26, 2006

107人

27日(水)
朝からずっと自宅で仕事
13時 T社 取締役会 そのまま相談会
16時 A社のNさん 株主のMさん
18時30分 59期2組の修習生が14人来所
 1時間ほど事務所内で話をして食事へ

28日(木)
W市へ 今日は卒業試験の発表日 緊張あり
10時 外部講師の先生方に外国人問題を語っていただく
 むかし外国人人権救済センターでご一緒したM先生 ほか
12時 会食
13時 合議
15時から じっと待つ
17時15分 発表 不合格者・合格留保者107人
 きびしい現実

 産休に入るSさんの送別会に遅れてゆく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

美の競技場

5時30分 起床 メイの散歩 はだしは寒い!
 もどって仕事
9時30分 事務所
10時00分 U氏一家と相手方あれこれミーティング
12時30分 T社のTさん
14時ころ 終了
 がしがし仕事する
17時すぎ あれこれ用事を済ませて
18時30分 帰宅
 その後も、あれこれ仕事する

 しながら、ビューティ・コロシアムを見る
 おそろしい わなわな

 あべしんぞー内閣発足
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2006

通勤圏内

5時に起きて
5時半に家を出てE駅まで兄に送ってもらい
6時14分の列車で名古屋へ
7時25分の新幹線にのれば9時04分に東京駅
東濃の実家が通勤だと発見

箱根でたくさん歩いたので、足腰がやや痛い
車中で、本を読み、仕事をし、充実して東京駅に降り立つ

11時 地裁
午後もガシガシ仕事して
7時過ぎに帰宅

いけないといわれつつメイにお裾分けしながら夕食を食べる
実家の母が持たせてくれた味ごはんもたべて、すこし食べ過ぎ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2006

仏間でひるね

早く起きてお風呂にいくと、朝まで呑んでた連中と会う
着替えてお先に失礼して実家へ
朝の湯本の景色をめでつつ散歩しながら駅へ

9時38分 M駅着
父は昨日救急車で運ばれたということをきく
大事にならず今日は平静のよう

Mおばさんが家にきてくださっている
別系統の兄が、呑んでしまっているというので迎えに行く
父母と4人でいろいろ話しながら昼食

昼寝
実家の広く静かな仏間で昼寝をするとご先祖様とのつながりを実感する

夕食には次兄夫妻が合流してまたいろいろ話す
みんながいれば父はけっこう元気


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2006

クラス旅行

23日(土) 卒業試験の発表を控えたクラスの面々と箱根へ一泊旅行
 出発前、なぜか家の掃除をしたくなり、汗をかく
13時20分 新宿 車中UNOに興じ箱根湯本まで行く
 勝った回もあり、まけた回もある。負けた人は「暴君ユトリロ」とかいう檄辛スナックをたべさせられる
18時30分から時間無制限の宴会
 ジャニーズ系の男性デュオ曲を2曲
 二次会ではW教官の差し入れのワインやチーズを堪能
 
 今日は、拓郎とかぐや姫がつま恋で「朝までやるぞー」?ってやってるような気がするが
 私は午前1時には失礼する

| | Comments (0) | TrackBack (0)

待ち合わせ


↑ 箱根湯本のちびぞうサトちゃん 僕もサトちゃんなので、親近感あり

22日(金) 
朝予定されていたG社の定例相談はなくなり
午後、W市へ
午後の講義の講師の先生の紹介をして

18時30分
松井久子さんの「折り梅」上映会と講演へ
松井さんが「ユキエ」を撮られたのが50歳ときいていろいろ思うところあり

妻と会場近くでいいお店を見つけて数杯
娘と自宅最寄り駅で待ち合わせて帰る

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2006

ふつかよい 新司法試験発表


↑ なぜか青くなってしまった
  食卓でPCをいじっているとこうしてそばにいる

20日(水) 今日から本格的に事務所復帰
 見計らったかのように、緊急案件が次々と飛び込む。
13時 Iくんの相談
14時 Oさんの相談
17時 T社の件でS金庫へ
18時30分 Kさん Nさんからお招きにあずかる 恩師U先生も一緒
 持ち込みの銘酒がたくさんあって飲み過ぎ

21日(木) 珍しくかなりきびしい宿酔い
ま、こういう場合のやり過ごし方はよくわかっている
10時 H社のI社長 高血圧で顔が真っ赤 心配
13時 床屋
14時 KB社の新プロジェクトのことで5名来所
 旧知のMさん Tさんとひさしぶりにお会いする
15時 H町のK社へ Oさんと訪問 予想外に長くなる
19時 一年教官の打ち上げ

 今日は新司法試験の発表があった。1009人合格。
 予想よりすくなし。合格者ゼロ=合格率ゼロのところ、10%に満たないところも多々ある
 我が母校は合格率83.0でトップ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2006

体系的思考

19日 大仕事終わり 20時から打ち上げ 改革案さまざま
 帰宅後、メールを一本 その後、爆睡

 今日の記事のタイトルを入力したら、最初「体系的嗜好」って変換された。
 植草先生の体系的嗜好は、女学生の制服、とか。そうじゃなくて。

 プロを志す若い人たちが「体系」の重要さをわかっていないのではないか、ということが話題になった。

 プロとアマを分けるひとつの基準は、その分野の「体系」をマスターできているかどうか、です。
 我々であれば、憲法を頂点として、民法、商法、刑法があって、それらの特別法があって、手続法(民事訴訟法、刑事訴訟法など)、さらに政令・法令に任された事項があって、省令があって、ガイドラインがあって、判例があって、実務の運用があって。
 そのようなツリー構造というか、クモの巣構造というか、そういうものがしっかり身についているかどうか。
  この「体系」さえ身についていれば、細部の知識のひとつ一つを「暗記」している必要はありません。
 ある「事案」について、法体系のどこに位置する問題か、がわかりさえすれば、大枠をまちがえる心配はなく、細部については、どのような情報源にアクセスすればよいかがわかるからです。

 このようなことは、どのような分野のプロでも同じことです。
 ジャーナリスト、建築家、音楽家、落語家。
 真のプロは(無意識的にかもしれませんが)各分野の「体系」を身につけ、さらにそれらを縦軸(時間軸=歴史)、横軸(地理軸=国際・地域)でも体系化し、自家薬籠中のものとしているはずです(さらに秀れたプロは、この体系を壊し、再構築しようとします)。

 我々は、師や先輩から「体系を身につけろ」と口を酸っぱくしていわれました。
 体系書を書いていない学者は信用するな。教科書は、これと決めたら浮気するな。著者の「体系」が自分にしみつくまで読み込め。

 体系を身につけてさえいれば「正解のない問題」に直面したときに「自分の頭で考える」ということができます。ひねられても、簡単には崩されません。武道家が「型」をマスターするのと同じことです。実戦で「型どおり」の状況になることはないけれど、型が身についていればこそ「ズレ」を認識でき、対応策がわかるのです。

 プロに要求されるのは「正解のない問題」について解決をもたらすことです。
 そのためには、若くて時間がたっぷりあるうちに、しっかりと「体系」を身につけることが、どうしても必要です。
 それができないまま、うっかり資格試験に受かってしまい、次のステージに進んでしまったりすると、どうにも不安定です。それはご本人にとっても、社会にとっても不幸なことです。

 そうした「体系を身につけていないプロの卵」をどうするか。
 競争原理を持ち込めば、自然に解決する、という問題ではありません。

 朝晩すっかり、涼しくなりました。
 ものをじっくり考えるのには、よい季節です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2006

台風 午後少し晴れ

18日(月)
7時30分 お迎えあり 嵐のなか、大荷物とともにW市へ

 若い医者がいたとして
○ すい臓の悪い患者を診て「腎臓がわるい」とまちがって診断するが、治療法についてはすい臓によさそうな案を出せる人と
○ 正しく「すい臓が悪い」と断ずるが、その理由がことごとまとはずれ・意味不明な人と
○ すい臓に関する知識はやたらに豊富だが「すい臓おた」みたいで、患者が人間であることをわかっていないような人と
○ 患者・同僚医師・看護師に対する配慮がない人と

  どの医者にかかりたいか どの医者をやとったら改善が期待できるかなどということを考える。

 16人で夕食をして、23時過ぎ帰宅。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2006

究極の選択 体操 知的ストレッチ

 ずっと、自宅書斎にこもって難儀な仕事を続ける。
 16日にほぼ終了。
 本日、午前、最後の調整をほどこして明日の準備完了。

 この間、植草教授が痴漢で逮捕の報に接する。
 妻ほか数名と「夫にするのに横山ノックと植草さんと、どうしても選ばなければいけないといわれたら、どちらを選ぶか?」という話題で盛り上がる。あんまりな話ではあるが、これに「長渕剛」「松山千春」と加えて四択、というのもはなした。長渕さん、松山さん、ファンのみなさん、ごめんなさい。もうしません。

 16日午後には、本当にひさしぶりに野口体操へ。
 いつものコアなメンバーのなかで、じっくりゆるめる。
 弛めすぎてあちこちから反応がでて、かなりやばい。
 わかりやすくいうと「もみかえし」みたいなことなのですが。

 17日 日垣隆さんの「知的ストレッチ入門」を購入。昨日が発売日だったかが、なぜか大手書店で入手できなかった。新米の女の子がスポーツの係の人に「知的ストレッチ入門」っていう本ありますか?と尋ねていたのが可笑しかった。今日は、ホームグランドの日本橋丸善でみっけ。お正月休みの旅行の手配などして帰宅。

 ベッドに昨日から購入した本を積み上げて至福の読書。いつのまにか昼寝。ごくらく。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 13, 2006

正念場

12日(火)
終日W市 最後の試験の立会い
夜、会食後、泊まり

13日(水)
採点
夕刻、大荷物とともに帰宅

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2006

嵐の前

7時 ふだんではありえないたっぷりの朝食
7時30分 東京へ向かう
10時30分 事務所へ
13時00分 Y市でD社の取締役会
16時30分 事務所戻り
19時00分 T社で会議
21時00分 会議終了 かなりくたくた 近くでビール
23時00分 帰宅

 ことりと眠る
 明日からとても忙しくなる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2006

海へ

 今年は夏休みが取れなかった。
 一日だけ、海へ来た。
 山の上のレストランで昼食を、海辺のレストランで夕食をたべた。
 建築家のKさんの主催

 地元の一流の大工さんが相席で、いろいろお話をうかがった。
 年季奉公を深川でしたこと、作業場が砂町にあったこと
 奉公の間は、給料はなく、500円のお小遣いだけだったこと
 それでも休日に映画を見ておいしい物を食べるには十分だったこと
 年季があけて10年、親方のところで働いて、千倉へ帰ったこと
 今では、息子があとを継いでくれたこと
 手がけたいろいろな文化人の家のことなどなど

 満月と星を見ながら宿泊先のペンションへ
 人なつこい猫がずっと着いてくる
 露天風呂につかってからバーカウンターで一杯、二杯

 橋本忍さんの自伝を読みながら熟睡

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2006

東京タワー

10時 Mさん 面談
 午後のG社の定例相談はメールと電話会議ですませ
19時 O法律事務所へ
 事務所から巣立ったSくんが先輩や仲間と作った
 窓から東京タワーが見える
 その後、当事務所のアソシエート、スタッフ10名を連れて会食

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夜明け前

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2006

性別が変わっていないことを証明せよ

9月6日 午前はごたごたがあって事務所へ行くのが遅れる
 午後は、日立市へ
 和解交渉で相手方の女性弁護士にせせら笑われる
 ボス弁の方はなんか興奮している

 帰りの列車がくるまで時間があったのでホームで立ったままウーロンハイ
 つまみは茨城県だけにドライ納豆 あんこうのするめ
 帰ってきて渥美清の評伝番組を見る(録画)

9月7日
 朝から家で仕事 旅行の計画
 昼は新人Kさんの歓迎ランチ
 午後すこし仕事してから裁判所の地下の郵便局へ
 息子の学資保険が満期になったので満期保険金を請求に行ったのですが

 このサービスがひどい! 怒!
 
 案内はがきには、証書と印鑑と身分を証明できるものを持参せよとある
 持参した。

 ところが、息子と私の保険加入時の性別を判定できるものを出さないと金は払わないという
 は? 保険加入時も今も男だが? 
 いや、性別を変えることができる法律ができたので、云々というが、意味がよくわからない

「言っていることがよくわからないが、保険加入時と現在とで性別が変わった、っていう人が、日本中に何人いるんでしょうか?」
「仮にいたとして、それが私の加入している息子の学資保険に何の関係があるんでしょうか?」
「そんな書類がいるなんてこと、案内はがきのどこにも書いてないですよ。私は、持参せよと指示されたものをすべて持参した。だからすぐにお金を払ってもらいたい。」という。

 担当者交代、右往左往。

〒「保険料は、加入時の性別に基づいて算定しておりまして。。。学費保険の場合、加入者と被保険者、双方の加入時の年齢と性別に基づいて算定しておりまして。。。。」

(-_-)「だから、なんで加入時に確認してないことの尻を、今の俺にもってくるんだ、って言っているの。あなたたちが、加入時に確認しないでおいて、支払い時に過去にさかのぼって書類だせって、おかしいでしょ。しかも、性別を変えることのできる法律ができたから、加入時の性別を確認する、って意味がわからないよ。」

 ほかにも不毛なやりとりがあり、すったもんだの末に「あの、これに記入してくだされば払います」って出てきたのが「保険料算定性別に関する確認書」というもの。

「□ 被保険者の性別に変更はない」にチェックして、サインしたら保険金は支払われるという。

「これにサインすれば出るんなら、なんで最初からそういわないの。え?さっきまで、保険料払わないから、うちへ帰って古いパスポートtか年金手帳持ってこいっていってた話はどこへいったの?」

〒「すいません。。」

いまだに意味がわかりません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2006

わかりやすい身体表現


↑ 最近、メイの写真ばかりですいません
  のたうってよろこぶメイ 何がうれしいのかは不明

9月5日(火) 
朝からがしがし仕事
13時00分 Nさん 来所
15時00分 Uさん 来所の予定が遅れるとのことで床屋へ
17時00分 Uさん
19時00分 Sさん 神保町のAで久々にいろいろお話し
21時すぎ 帰宅 MTRのチェックなどして寝る

 夏の暑さと過労のせいか すぐ眠くなる
 4~5時起きだからいいのだ

 今朝読んだ記事
 福岡の酒酔い運転死傷事故で、事故後、運転者から頼まれてペットボトルを持って現場へ行った同僚が証拠隠滅罪で逮捕された、とのことた
 ううむ 水を飲ませて証拠隠滅 理屈は通っているような気もする
 しかし釈然としない

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2006

天高く馬肥ゆる秋


↑ メイは森田米雄さんのところのモデルでした。
  そこからうちの子になった。うちわ(写真)、本の表紙、ジグソーパズルetcになっています。

3日(日)
 何時にねてもメイは夜明けと共にくる ねむいよー
 散歩してから二度寝
9時50分 UDONを見に行く なかなかおもしろい
 小西真奈美はかわいいですね
12時30分
 娘と合流してファミレスで3人で食事
 午後は読書と昼寝

 よる電脳婆と電話
 カナダの息子からのメールを読んでじいさんと泣いた、という
 転送する方法がわからない、というので口述を受ける

4日(月)
 新人Kさんの初出勤の日
10時 H先生ご紹介のSさんご夫婦
 コンビニの日本そば
 最近、昼食に出ずにコンビニ麺類ですませることが多いのですが侮れません
 下手な店よりおいしかったりします
13時 T社のKさんら4名来所 
16時 代々木A社を訪問
 新しいビジネスモデルについて意見交換
 秋葉へよって
19時40分 帰宅
 なんだか疲れて10時前に寝てしまう

 朝晩は涼しいのに昼間は暑い!

 4月以降、呑み会の機会が多かった。
 暑くなってからは、基礎代謝が落ちる、歩かないビールを飲む、という三悪。
 自分で思う適正体重をはるかに超えてしまった。
 涼しくなったこれからダイエットしようと思うが、収穫の秋、天高く馬肥ゆる秋。あぁ。


| | Comments (24) | TrackBack (0)

September 03, 2006

とうとう9月


↑ 高島屋のセールでかった五本指ソックス
  やすくて高品質だがめちゃめちゃ目立つ
  昨日の二次会は座敷だったのでとても恥ずかしかった。。。

9月1日(金) とうとう9月になってしまった。
 朝晩はすっかり涼しい。 
9時30分 W市 午前中合議
12時50分 卒業試験前の最終講義 無事終了
 20クラス全部がひとつのコマ落ちもなく安堵
19時 打上げ 深夜まで

9月2日(土)
 おそく帰ってもメイには関係ない
 またはだしで散歩

 ごろごろしたり風呂に入ったりしながら本を2冊読了
 霞っ子クラブの裁判所傍聴記がおもしろい
 裁判官も検事もイラスト入り実名(たぶん)で挙げられている
 ご本人たちが読んでくれるといいのだが

 昼前に息子から長文のメールが
 進路に関するあれこれ

13時 日垣隆さん主催の勉強会
 18時以降は懇親会場に移って深夜まで
 とても刺激になる みなさんありがとうございました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »