« September 2006 | Main | November 2006 »

October 30, 2006

10月30日(月) 晴れ

 もう10月も終わり
 今年もあと2ヶ月
 おれの人生はあと何年 というようなことをと思う
 最近はしきりと

 同僚のOさんからも、残りの人生は「いいものだけにふれていたいと思う」というメールをもらう

 お昼にH社へいく
 ギターが置いてあるので拓郎の小品を2曲ほどさわりだけ

 事務所に戻ってずっと仕事
 16時 K社の方たちとSOHO向けのよい機器について懇談
 19時30分 帰宅

 夕食後、また、みゆき姐さんを観る 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

永遠の嘘をついてくれ

29日(日)
お昼前に郷里につく
産業祭、というようなものをやっており会場へコロッケを買いに行く
ビールを買うと、それには、これが一番と、泥鰌の唐揚げを押しつけ販売される
叔父、次兄夫妻にも会う
叔父が梅干しを土産に、と持たせてくれる
それが、奥さんがこのblogを欠かさず読んでくださっているという土助梅園の梅だった

お昼からおやじとビールを呑んでひるね
それから、別系統の兄のところへ
お線香をあげてお墓へいって
両親を帰して、うなぎやへ

18時半過ぎ 帰京の途に着く
21時過ぎ 帰宅 メイとカメ太のみ在宅

録画してあった拓郎&かぐや姫のコンサートを見ていると
中島みゆきがサプライズで出演
ノックアウトされる

そこで唄われていたことばは


ニューヨークは粉雪の中らしい
成田からの便はまだまにあうだろうか
片っぱしから友達に借りまくれば
けっして行けない場所でもないだろうニューヨークぐらい
なのに永遠の嘘を聞きたくて 今日もまだこの街で酔っている
永遠の嘘を聞きたくて 今はまだ二人とも旅の途中だと
君よ永遠の嘘をついてくれ いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ なにもかも愛ゆえのことだったと言ってくれ


この国を見限ってやるのは俺のほうだと
追われながらほざいた友からの手紙には
上海の裏街で病んでいると
見知らぬ誰かの下手な代筆文字
なのに永遠の嘘をつきたくて 探しには来るなと結んでいる
永遠の嘘をつきたくて 今はまだ僕たちは旅の途中だと
君よ永遠の嘘をついてくれ いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ 一度は夢を見せてくれた君じゃないか


傷ついた獣たちは最後の力で牙をむく
放っておいてくれと最後の力で嘘をつく
嘘をつけ永遠のさよならのかわりに
やりきれない事実のかわりに
たとえくり返し何故と尋ねても 振り払え 風のようにあざやかに
人はみな 望む答だけを聞けるまで尋ね続けてしまうものだから
君よ永遠の嘘をついてくれ いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ  出会わなければよかった人などないと笑ってくれ

君よ永遠の嘘をついてくれ いつまでもたねあかしをしないでくれ
永遠の嘘をついてくれ  出会わなければよかった人などないと笑ってくれ

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 28, 2006

奈良 斑鳩 心斎橋 梅田 明智

27日(金)
10時 、W市へ 問題作りの基礎資料となる記録をよむため
読んだ後、S先生と協議
T先生と3人で帰途につく

14時 東京地裁
全貌が明らかになってきたことに伴い仕切り直しをすることにする
N弁護士に任せて

14時40分 奈良へ
18時00分 奈良ホテル
 夕食後、ライトアップされた公園、寺院を観光
 すばらしい 鹿が町を歩いているのがまるで外国

28日(土)
6時 早朝の公園や町を散策 心は8世紀である
8時30分 正倉院展へ はやくも長蛇の列
10時00分 Kさんがつきあってくれて一日観光
 歳をとって巡る奈良はとても心にしみる
15時00分 大阪へ
18時00分 7名で呑み会 大いに盛り上がる 2次会も

29日(日)
8時53分 実家へ向かう
 両親に会ってから帰郷する予定

 毎週末、旅がらす
 人生はある種の極端さがあった方がおもしろい
 と日垣隆さんのことばを思う

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2006

悪い奴

(3コマまとめて更新しました)

朝 実家に電話すると、毎月の仕送りが2ヶ月途絶えているという
あらま 自動送金の設定が予告なく終了したようだ

事務所へいって送金し、また、自動送金設定を依頼する

今日は、ずっと、アソシエートのみなさんが提出した草稿のなおしをする
とても「悪い奴」がいて、どうにかせねばいけない
まったく先が見えない状態から、視界はかなり良好になった
裁判官が「とっと終わらせたい」という態度あらわで困る
忙しいという字は、心を忘れると書く
ついでにいえば、若いという字は苦しい字ににてるわ

夜、恩師U先生の新人弁護士の歓迎パーティへ
息子さんの新妻にもお目にかかる
めでたし

帰宅後、ワインのみながら体操
妻の肩腰をゆるめる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2006

青空ひとりきり

 寒くなりつつある時期の青空はいいですね
 空気が締まって、身体もシャキッとします

 寒い日に、すこし薄着で、背筋を伸ばして歩くっていいものよ

 これは小説の中のせりふだったか、むかし、好きだった女の子がいったのか
 わからなくなってしまった

 今日はアポイントなく、ずっと事務所で仕事する
 乱雑になったもろもろの片付けも

 夜はK建築設計事務所へ 妻と
 10時過ぎに、娘とおちあって3人で夜道を帰る

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2006

恐懼しつつ皇居を見下ろす

23日(月) 東京へ戻る
 旅行中、やばいことがあったが解決
 ほっとする。
 帰宅後、かなりがんばって、重い契約書を1通仕上げる

 夜、激しい雨 ダンスのレッスンで遅くなった娘を迎えにいく

24日(火)
10時 U先生の事務所で合議
 会議室から皇居前広場が見える
 畏れ多くもかしこくも皇居を眼下にみて写メする

13時 H市に向かおうとしたら強風のため不通
 弁論準備期日を電話会議にしてもらおうとしたら、相手方が拒否
 期日は延期となる
 ずっと事務所で仕事をする

 急遽、脚本家のFさんと会食
 取財のような四方山話のような

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2006

最長更新せず記録

杭洲、上海から帰ってきてから、全然更新していなかった。
18日から20日まで、一生懸命仕事をした。
18日夜は、Sさんと急遽会食 私のメンタル管理についてなど話す
19日は、昼は米国弁護士のNさんと、夜は新人Tくんの歓迎会
20日の夜、 ブラジルのKさんが長男といらっしゃって会食した。
 儲かって暇になった、とおっしゃる。うらやましい。
 ひさしぶりに世界経済の話をして、とても参考になり刺激を受ける。
21日 妻と福岡へ 夜、教え子のAさんとIくんと合流 屋台とおかまショー
 おかまショーの顧客満足度を高める工夫にどぎもを抜かれる
 とまとさん あなたはエライ!
 2名どうしてもおかまと思えない人がいた
 じっとみていたら「おとこかおんなか、考えているんでしょ?女よ!決まっているじゃない。ほら!」
 といわれて握手した。握手すると性別判定ができるのか、わからないが、おんなっぽい手だった。
22日 今日は壱岐島へ 古代の遺跡などをみる
 京や奈良の歴史がふるいったって、ここは弥生時代の遺跡がごろごろ
 長崎県で諫早の干拓地の次に広いという水田に立っていると弥生人が出てきそう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2006

帰国 再会

今日は帰国の日、ということで10時45分まで自由行動
ホテルの庭をゆっくり散歩して、太極拳をしているおばあさんの横で、野口体操をする
すっかりほぐれて、ゆるんで果物とヨーグルトと飲み物だけの朝食
部屋で出発まで仕事

バスとリニア(時速430キロ!)を乗り継いで空港へ 速すぎて体に悪い
チェックイン後、娘にマスカラ、事務所にお菓子などを買って
昼食
することがないので、H先生とU先生と一緒にボトルで花彫酒を頼んで空けてしまう

帰りは「嫌われ松子の一生」を観る が!
ノーカットとかいって、エンディングの前に成田についちまったぞ(怒)
こんなんじゃ、ノーカットがサービスになってない!!
欲求不満。

成田から箱崎まで、ずっとバスの中で仕事メールに返事を書く
箱崎から乗ったタクシーの運転手がひとことも口をきかないので、降りるときに文句をいい
帰宅してメイと再会 妻と娘はおでかけ
しっぽをブンブン振り回して、飛びついてくる 顔舐めまくり
仰向けになって喜ぶ(写真) うい奴

| | Comments (0) | TrackBack (0)

同じ人間ではない

Rimg0038
← 昼寝する売り子さん

きのう、S先生と早く帰ったので、ぐっすり眠れた
4時30分 起床 メールやらなにやら
入浴 入念に体操

9時 南京路
9時50分 豫園 豫園商場
12時 緑波廊 点心料理 みな粉系が多いとすこし不平
13時 フランス租界見学 孫文先生の家 周恩来の上海公邸など
 ダウンタウンとちがっておしゃれな住宅地
17時15分 白玉堂劇場 雑伎団を見る
 あまりの凄さに絶句 比喩でなく、手から汗がだらだら
19時 名軒 ふかひれ中心のコース ここはおいしい
 ホテルに戻ってから有志で二次会

 先日、あるTV番組を見ていて、ナミコっていうモデルさんや宮崎あおいのことをみて
 あまりの美しさ、かわいさに、これでも同じ人間かと思う、という話を妻にした
 今日、雑伎団を見て、同じ思いがした 努力の範疇じゃないよ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2006

西湖散策

Rimg0008

杭州の2日目
8時 六和塔 高いところに上って汗だくとなる
9時 西湖を船で遊覧
10時30分 国立お茶博物館 龍井茶を試飲
 中央政府の副首相の李○○さんが来ているとかで厳戒態勢+マスコミいっぱい
12時 霊隠寺
13時 昼食 飲茶料理
14時 河坊街散策
 バスに3時間揺られて上海へ 道がわるく、運転は荒く
18時30分 王府飯店 蟹ずくし
 S先生不調のため同行して帰る

 ガイドの孫さんは、度々けんかする
 喧嘩でないのかもしれないが、日本人には喧嘩にしかみえない
 出したビールがぬるい
 数をまちがえている
 観光のポイントを独占するな いろいろ
 みんな遠慮しないで、なんでもいうから、まあ過ごしやすい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2006

杭州

061014147
↑ 杭州の犬 クリックすると大きくなります

 研修所の1年目打上げ旅行で、杭州に来ました。

 到着早々、水を買おうとしたら値段がわからず、売店のおねえさんに、財布をみせたら25元(400円くらい?)抜かれてしまいました。彼女は、いかにもしてやったり、という顔で仲間と笑っているので「これの値段はいくらなの? 値段表を見せて」というと、ごまかそうとするので「もう、この水はいらん。金を全部返しなさい。」と迫り、しばしのやりとりの後、全額返させました。ガイドさんにきいたら、やっぱり2~3元が売店の相場だとのこと。10倍以上ぼられそうになったわけです。
 こういうときには。気迫です。空港の売店の売り子に気迫を示しても、いばれることではありませんが。しかし、売り子にも気迫を示せないようでは、商売や外交は無理や。
 
 杭州は上海のような大都市ではないですが、すごい建築ラッシュで、建てかけの建物がいっぱいあります。

 ひさびさに、たくさん写真を撮ろうと思ったのに、うかつにカメラの充電器をわすれてしまいました。
 今日だけで200枚くらい撮って、もう電池がだめそう(泣)

 昨日は息子から送ってきた音楽のはなしをかこうと思いながら「ちゃんと理論」などを、ふたたび書いてしまいました。
 息子が、多重録音したデータを送ってきたので、それを夫婦で聴きながら、うれしいねえ、息子が音楽を楽しんでくれて、と話していました。昨日の写真は、その音楽を再生中のPCです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2006

ちゃんと理論(その2)

 朝からずっと、仕事をバリバリ、っていうか、ちぎっては投げ、っていうか、そういう感じ。
18時 Sさんと神保町で打ち合わせ 焼酎付き
 昨日のセミナーの内容などを、すごい!といいつつ話す。
 今日、顧問先に「こんな感じでした!」とメールした一部を抜粋。

● ちゃんと理論
 商いはちゃんとやろう。
 ちゃんと、というのはどういうことか。

 帳面は、5営業日以内に必ず締める。
 これが簡単なように思えて、簡単やないんやで。
 売り上げ一つ立てるにしても、基準をどう立てるか。立てた基準にあう事実があっ
たかどうかを、どうやって確認するか。
 注文を受けたら売りが立つのか。発注書をもらったらか。納品したらか。入金が
あったらか。
 どこで売り立てるねん。どういう方法で、受注があったことを確認するねん。
 こういう小さいけど重要なルールを、会社が小ちゃいうちに、きちんと作ってお
く。そしたら、上場したってやっていける基礎ができる。

 次に、約束は、守る、守らせる。
 うちの会社は、仕事受けるときに、口約束はしない。
 必ず契約書をつくる。
 発注するときにも、必ず紙に書いて残す。
 発注前に値段の交渉はするが、合意したら、必ず、期日に全額払う。耳をそろえて
きれいにはらう。

 その代わり、支払いを受けるときも厳しいで。
 入金を約束してもらった日に入金がなかったら、翌日の朝一で必ず電話をかける。
 こちらのまちがいやったら、申し訳ありませんが、昨日の支払日に入金がありませ
ん。どうなっておりますか。 ご確認いただけますか。

これを、支払日の翌朝に、きちんとやるんや。必ずやるんや。

 これを続けたら、相手は、いわんでも支払日に入金してくるようになる。
 人は、相手によって態度を変えるんや。
 待ってくれるところは待たせとこう、値切って払っても我慢してるとこは、さらに
我慢させとけ。そういうことになる。
 うちみたいにやったら「ああ、あそこは払わんかったら、明日の朝一で必ず電話し
てきよる。これはきついわ。はらっとけ。」
 そういう風にならんとあかん。
 
 こういう会社は、うちには払って、それから不渡り出して倒産すんねん。
(引用おわり)

 これは、ほんのさわりなんですが、本当によかった。
 ぐずぐずしている若い弁護士さんに聴いて欲しかった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2006

ちゃんと理論

11日(水)
朝からやや緊急の仕事に没頭
机に50センチくらい文献を積み上げ某管財人宛にレター作成
その他、あれこれまじめに仕事をする
夜は妻が近くまで迎えに来てくれて一緒に食事
帰宅後、メイと散歩

12日(木)
朝からずっと家で仕事
10時30分 代々木A社でWEB関係の打合せ
12時00分 事務所会議
13時15分 アソシエートやスタッフと順次面談 仕事の棚卸しと配点調整準備
 相当疲れる
16時00分 S社社長 弁理士K先生 米国からの知的財産権の譲受けについて
 緊急といわれるものも含めて何本も電話をこなす
 今日は負荷が多すぎてしんどいが
19時00分 アカデミーヒルズで吉田雅紀さんのセミナーに参加
 アントレプレナーシップについて
 面白かった! ためになった!
 書いて壁に貼っておきたい言葉はいくつもあった。
 その一部のダイジェスト。

 起業したからには「ちゃんと」やらなあきません。
 ちゃんと、とは
○ 帳面は締める。
 毎月末から5営業日以内に損益をはっきりさせる。
 損益をはっきりさせんで、なんで「計画」が立てられますか?
○ 約束は守る 守らせる
 約束の第一は健康です。健康はお客様に120%を納品するための約束です。
 時間です。約束の数分前に汗だくでかけつけるようでは、その段階で負けてます。
 支払いです。約束した金額は、値切らずに遅れずに払います。その代り、支払いを受ける場合も、値切りも遅れも許しません。
 約束を守る人には、いい加減な人も約束を守ります。人は相手によって変わるんです。

 行く前はへろへろでしたが、元気をもらって帰ってきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2006

仕事の流儀

10月10日(火)
システムの日付けと中身の日付けがずれてますな。ま、いいと。

朝 修学旅行へ行く娘を、妻と送る
7時30分 事務所
13時30分 商事部 A社の件
16時 D社 取締役会
19時 IさんとT修習生と会食
 森鴎外、仏陀、アンドリュー・グローブの教えを語る
 帰宅後、録画してあった番組を見る
 宋文洲さんが出ているカンブリア宮殿
 上田義彦さんの出ている「プロフェショナル 仕事の流儀
 宋さんの番組は著書を読んでいるので想定の範囲内だったが
 上田さんの仕事の流儀にいたく感銘をうける
 知らない間にリビングで寝ていた

| | Comments (0) | TrackBack (0)

秋絶景 味ご飯のレシピ 

5時おき
6時15分 実家発
 じいさん・ばあさんともに、坂をのぼって見送ってくれた

 中央高速の恵那から八王子まで
 日本の秋の景色を満喫して走る
 山は蒼く 紅葉は赤く 空は青く

 途中のサービス・エリアでメイをだっこしていると
 いろんな人に「かわいい!」といわれるのが自慢

 お昼前に自宅に着く
 実家からもらってきた味ご飯や栗おこわ(よそからのいただきもの)で昼食

 この「あけちばあばの味ご飯」は、娘が地球最後の日に食べたい、といっているソウル・フード

○ 材料
 米 1升(ふつうの家庭には多すぎ 調味料の量をわかりやすくするためです)
 ごぼう 1本
 にんじん 1本
 えのき まいたけなど 適量
 油揚げ 2枚
 干ししいたけ 4枚
 鶏肉(脂のついているとこ) 500グラム

 しょうゆ 1合
 お酒  1合

○ 調理法
 ごぼうは、ささぎごぼうにして、水にさらしてあく抜きをする
 にんじんは、イチョウのかたちに薄切りにする

 ごぼうとにんじんは湯がいておく

 しいたけは、ひたひたの量のお湯で戻す 戻した後の水は捨てないで
 戻した後、3センチくらいの長さの薄切りにする
 油揚げは、お湯で油抜きをし、細かく切る
 鶏肉も食べやすい大きさに細かく切る

 鍋に食用油少々を入れ、鶏肉を水分がなくなるまで炒める
 湯がいたにんじんとゴボウを入れてさらに炒める
 次に、残りの材料(しいたけ、油揚げ、きのこ)をいれて、しょうゆを5勺入れて、煮る。
 火が通ったら、しばらく(一晩でもよい)寝かせると味がしみてよい

 普通にご飯を炊く水加減に、椎茸の戻し汁と残ったしょうゆとお酒1合と上記の具を煮たものを入れる
 まぜ合わせて炊飯

 量はすべてアバウトのため、つくる方は、何度かつくって、自分の味にしてください
 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 07, 2006

むかしのほう

7日(土)
あさはゆっくりして、午後は野口体操
久々にじっくりゆるめて、逆立ちもする
まだ上半身が完全には緩んでいない
ひじがういてしまう

帰りは妻とふたりで鰹をたべる

8日(日)
4時起き
5時15分 車で実家へ
すばらしいお天気

10時 別系統の兄の家を突然訪ねる
お墓参り
その後、そば屋へ
高校生くらいのバイトの女の子に
「このお酒はどこのお酒?」
「君 かわいいねえ」などと兄と二人でいろいろちょっかいを出す
いやなぢぢいだ しかし
ここで、酒の産地をおぼえて客に勧められるようになれば、きみは数歩の前進だ

最近バイトしている娘が、料理を出すときのトークについて話をする
「こちら、天ぷらそばになります。」(←なってみろよ!)は、まだいいとして
「こちら、天ぷらそばの『ほうに』なります」はおかしいとおもう」と娘がいっていると

「こちら、山かけうどんの『ほうに』なりま~す。」といってもってくるので、みんな、必死でわらいをこらえる

ずっとむかし、九州を旅行したときバスガイドさんが
「こちらのほう、昔のほう、平家の落人のほうが、集落のほうをつくったといわれております、地域のほうでございます。今のほうは、すっかり開発のほうをされ、~」とか、すべてに「ほう」をつけるので、頭が痛くなって「あほう!」と(心の中で)ののしったことを思い出した。

また、実家の仏間でひるね
別系統の兄は、体調不良のため、飲食進まず

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2006

くにゃ

6日 ぐっすり寝て好調 外は強風と激しい雨
 妻に事務所まで送ってもらう
 この半年か1年で、そうとうエントロピーが増大した(無秩序さの度合いが増した=ぐちゃぐちゃになった、っていうこと)執務室を整頓しようとするが、とても1日でも終わりそうにない。3連休費やせば相当いけることはわかっているが。正月までやめておくか。やるか。と迷いつつ、最低限のことだけする。

11時40分 親子丼
16時00分 G社の新社屋へ 近くのTBSが工事中で方向感覚がわからなくなり、大雨の中、うろうろ。
 時間を超過して、いろいろ案件についてお話をして。
18時00分 再び駅まで向かう間に、傘が一瞬にしてくにゃくにゃになる。突風で体が押されて、すごいスピードで走ってしまう。堤防で釣りでもしてたら、死んでいたな。駅がそこに見えているが、タクシーに乗ってしまう。

 自宅で妻と娘と3人で食事。
 娘の声が、日常的に大音声なので頭がいたい。

 先日、宋文洲さんが勧めてくださった、インテルのグローブ会長の著書を読み進む。
 なるほど、すばらしい。
 インテルといえば、インテル・インサイドで、マイクロソフトとの一体感が強い。
 私は、かなりマック教徒なので(仕事はウインドウズですがね)、インテルのことは嫌っていた。
 くわずぎらいはいけなかった。
 最近、MACのCPUもインテルになったので、きらう理由がなくなった。これも、この本を読むことを後押ししたことでしょう。自分の単純さ、というか、頑固さというか、笑ってしまいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2006

そんなに呑んでないのに

5日(木)
朝 やや不調
10時20分 事務所
11時 B社 社長来所
12時30分 N社 社長ら 来所
14時 T社 訪問 定例相談
 雨足が激しくなる
16時00分 A社の件で Nさん Mさん 来所
19時00分 帰宅 野菜中心 しかし サンマあり

 依然として、やや不調のため早く寝ることにする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2006

復活祭

6時30分 起床
9時30分 T社と電話会議 WEB2.0ビジネスの英文契約書
10時00分 M社のYさんと会議

 10月1日から牛丼復活祭をやっているので、吉野家へ行ってきました。
 僕はすぐ入れたが、すぐにすごい列 警備員が整理
 みんな牛丼が好きなんだ
 8割のお客さんは牛丼とタマゴを頼んでいた
 客単価は420円くらい すごい回転率
 他品種になったので、レシートが必要になっており、その分、お勘定までのスピードが遅い
 などと、分析しつつ、2分で食べ終えて帰所 ハードボイルドでよい

11時30分 久々の事務所会議
13時00分 ヒルズ・アカデミーのセミナー参加
19時00分 松井久子監督と会食

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2006

Breaking Ice

6時起床 体がおもくだるく再度寝る
 お昼前は、すこしゆっくりさせてもらうことにする
 おひる うどん

14時 S社 Nさん Jさん 戦略会議
17時 Sさん 相続のご相談 新件
18時 Nさん
19時30分 Aさん
 来所時の凍り付いた空気は帰所時にはとけ、よかった
22時 帰宅
23時30分 ねる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

終了式 謝恩会

10月2日(月)
10時 合議1
11時 合議2
12時 おべんとう
13時50分 最終講義
 試験の結果について
 弁護士の職責と倫理について
 よりよく生きるために を語る
 がんばれ、っていうのがふつうかもしれないが
 今の世の中は、放っておいても、過労や鬱になるのは簡単
 無理するな 自分のスタイルをもて 自分のペースですすめ
 人生を楽しみ味わいましょう という話をした

 人生を語らず ではすまない歳になってしまいました
 お説教は本当はきらいなんだが

19時30分 謝恩会
 呑み語り お花と記念品をいただく


| | Comments (0) | TrackBack (0)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2006

終了式前日

31日(土)
3時おき 2日の最終講義の準備
 加えて、朝日カルチャーの講義の最終仕上げ
10時30分 講義 遺言について
 人数が毎回増えててうれしい
 その後、大久保へピックアップ取り付けを依頼していたギターを取りに行く
 Mさんからいただいた12弦ギターについて状態がよい、とほめられる うれしい
16時00分 野口体操 遅刻
 腰回りがなかなかほぐれず苦戦
18時00分 60期の皆と呑み会
 実務修習1クール終わったところ
 カップル1組誕生を確認
 2次会までいって帰宅

1日(日)
 妻と家電製品をいろいろ見に行く
 昼はインド人のつくったカレー
 午後、疲れ切って帰宅
 3時から4時半までひるね

 その後、T社の契約書を仕上げる

 夕食は、Oさんからいただいたうどんすき
 おいしかった
 もっと野菜が食べたかった

| | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »