« October 2006 | Main | December 2006 »

November 30, 2006

メイの唯一の芸

「200611301603.3gp」をダウンロード

1秒の瞬間芸です。動画ですが35kしかありません。
クリックしてみてください。
ピストルで撃たれてもだえているところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そのメス犬 凶暴につき

30日(木)
準備万端整えてでかけようとしたら、急に腹痛が。
鈍い痛みだが、なかなか消えず、そのうち頭まで痛くなってきた。
直感的には、一過性のものだと思うが、無理してはまずい、とおもいすべての予定をキャンセルしてやすむ。
そのまま動物のように寝る。

夕刻 たぶん復活。
食あたりのような気がする。しめさば。

リハビリを兼ねて、妻からいいつかったおつかいをする。
郵便局とか。フロントで洗濯物受けとりとか。

家庭教師に来てくれた姪も一緒に夕食。

彼女が帰るとき、メイを抱っこして見送りしようとしたら、あばれて指をかまれる。
私の人差し指2箇所に大きな穴があき流血の惨事。
はげしくせっかん。
ここ数日、凶暴な時がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 29, 2006

朝陽

Dsc02442
←クリックすると大きくなります。
  以下息子より。《 登校中に撮った写真がきれいすぎるので送ります。なんかいつもと景色が違う上に寒すぎて、なんか違う国にいるみたいな気がしたよ。》

6時 メイの散歩 眠いので、また少し眠る。
10時 Yさん
 その後、ずっと仕事の棚卸し だいぶすっきり
14時 上野から日立へ
16時 とんでもない展開
19時 事務所 Tさんを連れて、Mさんも交え食事

 昨日から、鈴木孝夫さんの全集を本格的に読み始めて、いろいろ語る


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 28, 2006

バンクーバーの大雪

Dsc02416
← クリックすると大きくなります。バンクーバーは大雪で休講とのこと。


27日(月)
今日から、ロー・スクール卒業生はじめての司法修習生たちの研修開始。
1ヶ月間だけだが、できる限りを伝えたいと思う。

16時 合議
19時30分 帰宅 
25時 起床 ずっと講義の準備

28日(火)
10時 講義 50分×2 
12時 会食 71名が順次自己紹介する
17時 会食 続き
 へろへろで帰宅

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2006

東京人生


 
 早寝しすぎて2時に目が醒める
 本を読んでまた寝る

6時 メイと散歩 眠い 寒い
9時 テレビで大竹伸朗さんの制作現場を見る
10時30分 江戸東京博物館へ東京人生を観に行く
 ついでに、ボストン美術館蔵の浮世絵なども
 
 第1回太陽賞の「さっちん」は1962年頃の撮影なのでわれわれ夫婦の幼少時代の風景に重なる
 浮世絵は、江戸時代の優雅な遊びを写している
 私たちは、時代を経て、幸せになったのか
 物と情報の節度ある存在様式はどのような態様か
 ありきたりで、しかし、こたえが出しにくく、自らも渦中にある問いが繰り返し浮かぶ

 妻のお気に入りのOKでお弁当を買って帰る ひとつ290円 もうしわけない気持ち
 寒いので焼酎のお湯割りを呑んで寝てしまう

4時 起き出してずっと仕事 深夜まで ほぼめどがつく

| | Comments (0) | TrackBack (0)

息切れ


 
 25日(土)の記事です。

 風邪ではないが鼻やのどが荒れ気味
 予防のためマスクをする
 新60期の導入研修の準備や来週期日の準備書面のため休日出勤
 その前に床屋
 
 ちゃっちゃと終わらせて野口体操に行くつもりが難航し
 結局夕刻まで事務所で呻吟する うう

 妻が事務所の近くに来たので、待ち合わせてCOREDOの平田牧場へ
 「東京いい店うまい店」では絶賛されていたが。。。
 悪いとまではいわないが。。。 写真は娘へのおみやげ
 
 でも、しっかり食べておなか苦し。早寝する。
 村上春樹さんの「東京奇譚」を読む。「品川猿」がすばらしい。
 海老沢泰久さんの「サルビアの記憶」も読む。うう。持久力がないぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 24, 2006

おいしいパンとワイン

6時 メイの散歩 6時でも暗い
8時 T社の件で会議 なぜかぼけて8時30分と勘ちがいしていた
 5分遅刻で済んでよかった
10時 T社の債務者A社ご一行様ご来所 弁護士・コンサルタントなど総勢7名かな?
 このアポも手帳に記載忘れ そろそろアルツか
12時30分 ミニ・カレーうどんをコンビニで買ってきて食す
 ダイエットは順調にすすみ、あまり量を食べられなくなってきた
 お昼は、りんごと柿、とかですませる日々が続いていたが、今日は忘れたし、体を温めたいのでカレーうどんにしました。
 コンビニの食に関する努力は、ほんとすごい
13時 Yさん 2度目の面談 日本の会社は悪い!
 あと、黙々と仕事
18時 COREDO日本橋の下のパン屋さんで5つパンをかって帰宅
 このお店は文春の「東京いい店うまい店」に出ていたんですが、ほんとに、おいしい。
 1000円で食べきれないほどのパンを買った。

 帰宅後、ひとりで、すこしづつ切って、ワインとともに食べる喜び。メイにもお裾分け。
 こういうおいしいパンを安価にたべられる世の中にしてくれた、上の世代に感謝。日本の会社、っていうか、それを含め先人の努力は、悪いばかりではない。あたりまえですけど。
 女性のきれいさとおいしい食べ物、という点では、文句なしの世界一でしょう。そういう社会をもたらしてくれたことに、感謝します。
 だけど、おねえさんたち、きれいが台無しだから、不機嫌な顔はやめようね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 23, 2006

寒い一日


↑ 車の中から外を見るメイ

6時 メイの散歩
 帰宅後また、すこしうとうと
 いくつかメールを書く
 来年は年男
 あと一回りすると還暦
 死ぬまでの生活をあれこれ考える

11時 暖かいそうめんを食べる
13時 本を読んでいてまたうとうと
15時30分 妻と買い物へ
18時00分 娘の勉強を教えに来てくれた姪も一緒に豆乳鍋

 寒いと人生をいろいろ考えます


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2006

妻の誕生日


↑ 娘の妻へのプレゼント

9時30分 T社のKさん Nさん Jさん
13時00分 合議
18時30分 妻の誕生祝い 我が家のほか両親と妹

 息子からライブのビデオが送付されてくる
 Come Togetherでギター・ソロを取っている
 なかなか太い音

 会食の最中、皆にも見せる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2006

快晴

21日(火)
10時 裁判所の商事部へ
 昨日、夜送付した準備書面を裁判官がしっかり読んでくれていて、ありがたし。
13時30分 K社へ 大企業のすごさを目の当たりに見る
18時00分 N協会のお招き
20時00分 パートナー会議

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2006

帰省 雨 秋の夜長 シナリオを読む

19日(日)
 昨日の二次会で呑みすぎ、やや苦しい。
 松井久子監督が、父母を見舞ってくださるというので、実家までご案内した。
 8時33分東京発
 20時33分東京着 きっかり12時間の日帰り旅行

 あいにく、曇りと小雨だったけれど、紅葉を満喫した。
 行き帰りに、たくさんお話をして、それも貴重な時間だった。
 おもわぬところで、人がつながっていることも知り

20日(月)
 疲れたのか、やや身体重く。
 空も重い。
 Kさんと昼食
 17時 Aさん
 19時30分 帰宅
 その後、松井監督の新作のシナリオを読む
 感想をメールし
 修習生たちに何本かメールの返事を書き
 
 妻は風邪気味と早く寝た 
 急に寒くなってきました
 みなさま ご自愛くださいませ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

四季桜

日帰りで帰省すると近くの小原町には、秋なのに桜が咲いていました。
四季桜祭り、というのをしていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明智線の線路

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2006

喧嘩必勝法


↑ 呑みすぎの結果

午前 映画の共同制作に関するメモをつくる
13時 日垣隆さんの読者のあつまり 喧嘩必勝法 に参加
 タイトルはともかく、クリエイティブな問題解決をするには、どうすればよいか、というゼミ
17時30分から懇親会
旧知の方々と二次会に流れ呑みすぎました

そこで裁判についてコメントしたのですが、ことばたらずだったのでメーリングリストで補足したのが下記の文章です。

 裁判というのは、とても不完全な紛争(問題)解決方法です。
 それぞれの言い分を、誇張して主張するので、相手の言い分を聞いて頭に来ることが多いし
 わかりきったことにも、いちいち証拠を出さなければならないので、面倒だし
 裁くのは業界のことを知らない素人なので、業界の常識とか慣習とかもいちいち教え込まなければならないし
 証拠の意味、もいちいち文書で説明しなければならないし
 月に1回しか開廷されないので、スピード感が全然ないし(←これを「期日」という)

 期日は「書面の交換」というセレモニーで3分で終わってしまうのでフラストレーションだし
 代理人の弁護士も石頭や無能の人が多いし
 判決は「黒か白か(請求認容か棄却か)」っていう一刀両断的なもので、クリエイティブな解決案の提示がなされる機会は少ない
 
 だから、依頼者の方々から相談されて、裁判にすることは、あまりお勧めしません。

 
 でも、弁護士の役割は裁判の代理人をすることだけではありません。
 荒井さんの件で、日垣さんがなさったように、現状を分析して、喧嘩のしかたについてのアドバイスをしたり
 交渉段階で、代理人として相手方に石をぶつけたり、ミサイルを撃ち込んだり、なでなでしたり
 クリエイティブな解決方法を考え出して提案したり(いつもうまくいくとは限らないが)
 いろいろ問題解決のお手伝いをすることはできます(ちなみにクリエイティブな解決の基本は「当事者双方が得をして、第三者(税務当局が望ましい)が損をする(が文句をいえない)解決方法」を考え出すことです)。

(後略 おわり)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 17, 2006

夜の蝶

17日(金)
 昨日、9時に寝たら、ずいぶん体調は良くなりました。

 朝から、がしがし仕事。割込みも色々あり苦労する。
 依頼者の苦言に苦言で返す。複数通。つらいけれど、しょうがない。
 真の顧客満足って、なんでしょうね。
 飲食店なら、おいしいものを出せばいい。
 あんたは、太りすぎだから、こんなものは食わないほうがいい!なんていう必要はない。
 でも、われわれは、苦いことや辛いこともいわなければならない局面が多々あり。
 客の言うがままになることが顧客満足ではないことは明らかだが。

16時30分 G社
18時 Sさん
19時30分 帰宅
 藤原紀香主演の2時間ドラマを見てしまう。
 テレビなんかほとんど見ないのに。
 昔は、彼女の たぬき顔 が嫌いだったのだが
 ある日、突然、ゴージャスな女性に思えてきて好きになった
 そしたら、お笑い芸人の妻になりそうで、また、ちょっとがっかりした
 
 そういう話を妻にすると、たぬき顔、というところで急に不快感を示した
 
 ドラマは、まあ、マンガだが、舞台が夜の銀座なので、派手なおねえさんがたくさん出て
 それだけで満足

 途中むすめの要望によりフットマッサージ


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2006

これは朝焼け

15日(水)
 朝、起きてすぐから散々PCに向い、伸びをしたら頸椎と脊椎の間くらいの骨がゴキといって
 それから身体が固くなってしまった
 うう ぎっくり腰の首バージョンか 筋肉をゆるめる葛根湯をのみ
 野口体操をしばらくして 事務所へ
 15時 K電子の方々
 17時 Hさんら
 18時 Aさんら

16日(木)
 あいからず身体が固い
 10時 Uさん 日本の会社はひどい サラリーマンはつらい と痛感 怒
 13時 Nさん Mさん
 14時 O社 
 つらいなあとおもいつつ仕事
 19時30分の予定がキャンセル 
 やれうれしや
 帰宅して、クリント・イーストウッドのインタビューを観る
 吹き替えのアナウンサー ひどすぎ

 話はかわり
 メーラーはOutlook Expressをつかっていたのですが
 データ量が多すぎるらしく不具合が続き
 SPAM対策も不十分なのでShurikenに乗り換えることにする
 これはよさそう!だが、引っ越しは大変だ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2006

耐える

13日(月)
 空気が乾燥していて、鼻が乾く
 13時 合議
 18時 松井久子監督、事務所のYさんほかと会議
 終わってから、おでんなどをご一緒する

14日(火)
 10時 T先生の事務所で小委員会
 11時30分 弁護士会でKさんと落ち合い
  昼食
  弁護士会の説明
  図書館の利用法など
 12時45分 事務所会議
 14時00分 ビルのセキュリティの更新の説明を受ける

  産休のSさんから男の子出産のお知らせ おめでとう!

 16時00分 D社 取締役会 行く途中、人身事故で山手線とまる
 19時15分 帰宅
  妻とワインの評価しつつ夕食
  妻が、三越ですすめられたワインがまずい 安すぎるからしょうがない
  
 このところ、子どもも大人も自殺ばかりですね
 正直、心が痛みます
 他方で、いじめ唯一原因論に違和感を禁じえません
 人が死を決意して実行するまでには複合的な理由があり、ありとあらゆる、歯止めが機能しなかったのでしょう
 特定の原因に収斂させようとするのは、知的怠慢以外のなにものでもない

 わからない そのことに耐えることが必要です

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 12, 2006

あらまほしき週末

11日(土) ひさびさに東京で過ごす週末
 乱雑になってしまった書斎を片付ける
 相当きれいになった ダイエットしたみたいだ
 いろんなしがらみにまみれた人生
 掃除するみたいにリセットしたいですね

 妻は明日のフラの発表会の練習へ

 15時30分 野口体操 ひさびさ
  にも関わらず、逆立ちに挑戦
  かなり感覚がつかめてきた

 18時30分 妻と近所のイタリアンで食事
  パスタは ハバネロ というのを選んだら超絶辛かった
  首から上、汗がとまらない
  ハバネロというのは唐辛子の種類らしい
  とてもかわいい外観なのに人を殺すほど辛い うう

 我々は、唐辛子本体を注意深くのぞいて、ソースだけで食したが、それでも大変
 先日の客は、ハバネロにかじりついて、くちびるがタラコになってしまったとのこと
 栽培に許可が必要な種もあるとか 来年はそれを出してくれるという
 いらん

12日(日)
 朝から、あれこれ調べて、メールを3本
 掃除の続き
 妻はフラの本番へ チケットが高いからこなくていいという

 あれやこれやを事務所へ運ぶ
 重量物多く、ぎっくり腰に気をつける
 偶然、T君 Oさんおり、少しはなす

 高島屋で家具の修理と追加の注文
 夕食用にお弁当ふたつ、くらげ(むすめの好物)、焼き鳥(日本一のつくね)を買う
 秋葉原で小物の買い物
 
 早い夕食 夕焼けがありえないほど美しい
 今日は、朝陽があたる富士山、夕焼けにシルエットの富士山 両方みえた

 メール数通 通販でフランネルのシャツ2枚注文 調べ物 くつみがき
 2日間 落ち着いたあらまほしき週末だった

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 10, 2006

Night Walker

5時50分頃 メイに起こされる
 散歩後、仕事をしているとプリンタがこわれる
 サポートセンターに電話したいが、始まるまで時間があり、出勤を遅らせているうちに
 このところ片付けをしていなかった家の中がどうしようもなく厭になり
 とりあえずリビングの自分まわりを片付け始める

 ブラザーのサポートはすばらしく、物理的故障なのに、指示されたとおりにしてたら、なってしまった。

 娘が今日はお休みで家にいるが、いつも注意していることを、ちゃんとしないので
 怒りまくる

 しかし、家族3人で昼食を取る

15時 G社 新社屋にようやく迷わずに行けるようになった
 エレベータで社長のIさんに会う
 受付で待機していると、退社したOさんに会う
 そのほか、Hさん、Kさん、Tさんなど、なつかしい人たちに会いまくる 偶然

 そのあと、秋葉原へ
 メイドさんの客引きが目をひく
 リビングにマッチするプリンタ台を探すが、いい物に巡り会わず

 回転寿司で皿4枚 ビール中瓶1本

 帰宅してメイの散歩

 i-podに入れた息子の自宅録音曲を聴く
 吉田拓郎と桑田佳祐の間に息子の名前が表示される
 なかなかよい位置づけである

| | Comments (3) | TrackBack (0)

November 09, 2006

となりあわせ

5時にメイに起こされる ちょっと身体がかたい
8時 W市へ
9時15分 到着 ずっと記録読み
12時15分 事務所へ戻る
13時00分 Nさん Mさん ミーティング
15時00分 新件法律相談
17時45分 前田昭博さんの個展へ
 ちょうどいらっしゃったので、しばらくお話をする
 再度、窯を訪ねます、とお約束して辞去
 アップルストアと伊東屋を流して帰宅
19時30分 自宅で食事
 減量モードなのですぐおなか一杯になる
 息子の送ってきた宅録をi-podに落とし、スピーカーで聴く

 先日、書き忘れたこと

 秋田旅行の当日、出発前にメイの散歩に出たところ
 うちのマンションの裏口に車が停まっており
 隣のご主人Iさんがトランクにゴルフバッグを積もうとしておられた
 突如、車がすごいスピードで後退を始め
 エンジン音や「ああっ!」という叫び声のあと
 どーん!とすごい音がして
 車はガードレールの支柱に激突した

「大丈夫ですかっ!」と思わず叫んで駆け寄ると
 Iさんは、跳ねとばされて、道路に倒れておられた
 眼鏡はこわれてとんでいた
 運転者は、Iさんの知人らしいが、車から降りて
「すいません、アクセルとブレーキをまちがえました」と何度もいっていた

 Iさんは、後退し始めた車を避けるために、とっさに逃げて、跳ねとばされただけですんだようだったが
 車も後部は へ のかたちにすっかりへこんでおり、支柱はへこんだ部分にめり込んでおり
 もし、Iさんが挟まれていれば、ほぼ確実に命はなかったものと思われた
 メイのしっぽも、すっかり下がってしまっていた

 死は、なんでもない日常のとなりに、すぐ口をあけてたたずんでいるのだと
 いまさらながらに思った

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2006

水晶のような空気

7日(火)
なんとなく体が重い ごまかしつつ仕事
14時 写真撮影 タングステンライトをつかって暑い はずかしい
18時30分 東京會舘 教官OBの集い
20時30分 神保町
22時    帰宅

 神保町で見た月も異様にきれいだった
 空気が澄んでいて街がライカのファインダー越しのようにきれいに見える

 クリスタルということばを使いたいが、田中康夫ちゃんのせいで使いにくくなってしまった
 癒し、ということばも使えなくなったし
 そういうことばってたくさんありますよね

 体重が旅行から帰ってきて3キロ減った
 私の体は水でできているらしい
 このままあと5キロくらい落とそう

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夕焼け

Yuuyake061107

妻があんまり夕焼けがきれいだと、家族に送ってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2006

なまはげ 白川静先生

怒濤の4週末連続旅行もおわり、今日から年末まではまじめにはたらくぞ。
そうしないと、なまはげ に怒られるからな。
男鹿半島には「なまはげの思想を世界に!」っていうポスターがあった。
駐車場だって「第ニなまはげ駐車場」だった。
塩だって「なまはげ塩」だった。
それはともかく、なまはげが訴えていることは、自然を大切にして勤勉に働こう、放蕩してはいかん、ということなのでした。堀江君、もう少しはやくなまはげに会えていればよかったね。

ところで、夕べ、体重をはかったら2キロも増えていた。
ふだん、朝は果物とコーヒーくらい、お昼は麺類を軽く、くらいなのに朝からふだんの夕食くらいたべ、昼もしっかりたべ、夜はふだんの三食分くらい食べていたから、しょうがない。
やばいので、摂生して、本日、夕刻までに1.5キロ落とす。私は、ふーせんです。

息子から新曲3曲が届く。楽しく聴く。
次はオリジナルを期待します。

毎日1万5000歩くらいあるいたので、全身にここちよい筋肉痛。

当日書き忘れたが、真の意味の碩学、白川静先生がお亡くなりになった。
私学で、反動と言われつつ、ぶれずに研究を続けられ、とうとう文化勲章まで。
勲章はどうでもいいけど、尊敬していました。
ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 05, 2006

入道崎を望む

3日間快晴 紅葉と秋の日差しを満喫した

(人のメモをぱくり+α)
東京駅 新幹線 盛岡駅 カモメのたまご
八戸駅 車 
魚市場 マンボウ 燃え上がり ホタテだらけ 
貝は裏返し すすき 十和田湖 紅葉 遊覧船 
東京タワー伴奏完成

奥入瀬渓流 きりたんぽ鍋 大潟村 男鹿半島
入道崎 夕日 きりたんぽ(焼) しょっつる 石焼
おかみの三味線と秋田民謡 爆睡 

分け入って新奥の細道
ほとけさま なまはげ やまみち 温泉湯ノ花
いなにわうどん おみやげ大量 秋田駅 爆睡 
帰宅してまたきりたんぽ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2006

男鹿半島 入道崎からの夕陽

| | Comments (0) | TrackBack (0)

十和田湖

| | Comments (0) | TrackBack (0)

奥入瀬渓流の朝

| | Comments (0) | TrackBack (0)

奥入瀬渓流の紅葉

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2006

八戸食品センターのハリセンボン

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2006

いじめについて

11月1日(水)
風邪の予感が続くが、風邪をひくことができない事情があるので、いろいろ対策して事務所へ
11時45分 W市へ 5時半過ぎまで
18時30分 Oさん夫妻 Uさん夫妻から夫婦でお招きをうける ふく→ライブ

11月2日(木)
午前T社研修用のパワポの仕上げ
あいまに読んだ宋文洲さんのコラムにいじめと日本社会について書かれていた

これに対して出した私の感想文

 宋文洲様 弁護士の近藤です。

 いじめに関する日経ビジネスオンラインの論考、読ませていただきました。

 いま話題の岐阜県の瑞浪市は私の郷里の隣町です。

 私は、小学校の時、大病をしまして15ヶ月の入院生活をしました。
 ようやく退院して中学校に編入すると、教師からいじめられました。
 「和を乱す」といわれるのです。
 自分では少しも自覚していませんでした。
 中学一年生から、しっかり中学教育を受けていなくて、途中から入ったものだから、教師の思うような言動を取らなかったのだと思います。

 とうとう担任の教師が家に来て、親と談判することになりました。
 父は、私の言い分も教師の言い分も聞いた上で、こういいました。
「息子のいうことが、おかしいとは思わない。息子は自分の意見があるから、どんどんいっているだけだ。それを「和を乱すからいかん」というのは、おかしい。それをまとめ上げるのが、クラスのリーダーであり、担任の仕事だと思う。あらかじめ決まっていることに賛成するだけのクラス会ならする必要はない。議題について意見をいうことを「建設的でない」というのはナンセンスだ」

 そうして、私に向かっていいました。
「今の学校でやっていけないと思うなら、やめて隣町の学校にでもいけばいい。別に、この学校だけが中学ではない。どうする?」

 私は、そんな考えもあるんだ!とびっくりしましたが「今の学校へ行くよ。ともだちがいるから。」と答えました。
 
 その後、いろいろ苦労したこともありましたが、いつも父のことば、考え方が救いになっていたのだと思います。

 宋さんの文章を読んで、そんなことを思い出しました。

 近藤早利

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2006

夫(つま)癒えよ 燃えるカンナの力借り

タイトルは、電脳婆作の俳句だそうです(俳句誌『森』11月号に掲載)

みゆき姐さんの画像と話題はインパクトがあったらしい。
未知の読者の方や土助梅園の奥様からコメントやメールをいただいた。タイトルの俳句は、その中でお知らせいただいた。ありがとうございます。

他にも偶然であるが、修習生たちが日記に「親がずっとコンサート見ている」「中島みゆきが出てきた」「唄にインパクトがある」みたいなことを複数書いていて、偶然におどろく。フォークの時代が復活のようですね。私も、副業で、フォーク酒場で唄いたいと思います。

31日(火) 午前しごとはかどらず 雑用ばかり
 午後は久しぶりに合議 4時間半
 風邪の予感あり 早めに帰宅 早めに就寝

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »