« May 2007 | Main | July 2007 »

June 30, 2007

系譜

早朝 事務所のOさんの奥さんが会社でまとめ買いしてくれたワインを取りに行った
ついでにすこし仕事
家へ戻って昼食
昼寝してから野口体操のクラスへ

高校の同級生の管啓次郎くんが送ってくれた「ホノルル、ブラジル」を読み継ぐ
どういうわけか(というか、その内容から必然的に)、母方の祖母のことを思い出す

祖母の住まいは、北側に小さな山を背負い、南側には手前から鯉のいる池 道路をはさんで水田があった
庭を鶏が歩き回っていた 母が子どもの頃は、牛もやぎもあひるも?いたという
僕は、高校生のころ、名古屋にひとり暮らしをしていた
夏休みに帰省するとまず祖母を訪ねた
事前に連絡なんかしない
祖母はいつだって家にいる
風とおしのよい家のどこか
玄関の上がり框や縁側で
編み物をしたり 枝豆を枝から切りはなしたり
時には、台所で胡桃や落花生を包丁でたたいたりしていた
高校に入ったころの悲惨な成績から
徐々に浮上していった僕のことを いつもよろこんでくれた
話が一段落すると
曲がった腰でゆっくりと田んぼへ下りていって
抱えられるだけの枝豆を切って 持って帰るようにいわれた
家に帰って おばあちゃんが使っていたのと同じようなはさみで
同じように枝豆を切りはなし さやのはじっこをすこしだけ切り
すり鉢でうぶ毛をすって 塩を入れた熱湯で茹でること数分
あつあつで、塩の結晶がさやに浮かんだ枝豆を夢中でたべた

そんな思い出が、東京で暮らす僕を故郷につなぎとめ
会ったこともない祖先からの系譜につなぎとめている

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 29, 2007

こんこん


家の前の川の夜景 には見えませんね

28日(木)
昨晩、いささか過ごしたが、それはともかく採点を続ける。くるしい。
14時 破産事件の集会 今回は管財人として
17時 G社定例相談を電話会議で
18時 事務所会議
 ふらふらと帰り、早々に、泥のように眠る

29日(金)
健康管理の重要性を説きながら咳がとまらない
他の風邪の症状はない あと3通までこぎつける
16時合議
20時45分 帰宅
また早めにねる

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2007

どんぶりと割り箸


チワワにしてはまるいですね

採点
株主総会1
解雇についての相談1
個人再生委員としての面接1
採点
5年ごしの案件解決の祝宴1

宴席で田口トモロヲに似ているといわれたが
プロジェクトXのナレーターであることは知っていても絵が浮かばない
しばらく、カップ麺のアメリカ進出編のナレーションをマネしてあそぶ

○○は米国でチキンラーメンを普及させることを命じられた
半年の準備期間を経て、大量のチキンラーメンを持参し、ホテルの会場に人を集め、発表会を行うことにした
しかし、重大な問題が起きた。。。。

米国にはドンブリがなかった
割り箸もなかった

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 26, 2007

エセ豆柴ふたたび

6月も終わりですねえ。中年老いやすく、学成りがたし。
朝から採点。
13時 Mさん ミーティング
断続的に仕事と採点
18時 面接+食事

 帰宅するとメイが豆柴になっていた
 顔のまわりの毛、刈りすぎ 首のうしろの段々がめだつ はは

 牛肉と偽って、豚や鶏をまぜていた会社が糾弾されておりますが、妻と話したことには

 1%も牛が入っていなくて、仕入れる側も、食べる側も、わからなかったのか。
 そうだとしたら、すごい技術ではないか!
 それとも、みんな味覚音痴?
 どっちにしても、被害者がいなくないか?
 牛がえらいっていうのは、誰が決めたのか
 豚や鶏に失礼ではないか

 同じ企業の不祥事でも、きめ細かくみてくれないと困ります

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2007

ウイキノミクスとは

23日(土)
11時 Tさんと面談
13時30分 日垣隆さん主催のWikinomicsの読書会へ
 とても勉強になった。
 これからの30年、楽しく働きたい人は必読です。
18時30分
 「ヒーロー」や「海猿」のシナリオライターのFさんと会食
 芸能界裏話、お受験体験談、その他で、抱腹する。

24日(日)
 みさき町へ
 大原漁港からあがった魚の卸問屋で鰺50匹=500円
 サバ一本ただ
 帰宅してから、大量におろす
 久々に妻とゆっくり夕食

25日(月)
 NYのYさんから質問メール 一生懸命しらべてお返事
 採点に悩み
 15時30分 A社とS氏の件 なかなか話が通じなく
 18時00分 合議


| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 23, 2007

卒業式

21日(木)
10時 T社の取締役会と株主総会
11時30分 事務所会議
16時 G社の定例相談
 帰宅後、きのこのサラダをつくって食す
 録画してあったシルクロードの番組とNTVのドキュメントをみる
 遅い帰宅の娘をメイと迎えにゆく

22日(金)
今日は、妻が帰国するので、また掃除
メイの毛が生え替わる時期なので大変
しかし、掃除機っていうのはうるさいな
はたきと箒っていうのはエコないい方法です
夕刻、W市へ クラスの面々と12時まで

23日(土)
妻が持ち帰った卒業式の写真やビデオをみる
すばらしい装飾のホールで
ひとりひとりが名前を呼ばれ
功績と将来を短く語られ
校長先生と握手しながらツーショット写真を撮り
さいごは全員が帽子を高く投げあげて終わる

とてもよいセレモニー
やはり儀式はある程度きちんとやるべきだな
10分だけ 一堂に会さずライブ中継なんてのはさびしい

といいながら、私は、高校の卒業式のことは覚えてもいないし
大学の卒業式はボイコットしたのでした

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2007

そうじ


 えさ箱によりそうメイ

19日(火) 
 60期 後期開始 ひさびさの200分講義
 まだ、体が慣れず
 夕刻、クラスコンパのない教官3名で一献
 帰宅後、amazonから届いていたポール・スミザーのDVDを観る
 園芸に対する価値観がおもしろくてずっと観てしまう

20日(水)
 妻不在で部屋が荒れてきた 掃除機をかけ、ぞうきんがけをする
 お中元で、豆腐と油あげが届いたので、お昼ご飯は、それらを食べる
 遅めに出勤
 あれしてこれして、仕事やら段取りやら
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2007

いきものの世話

18日(月)
 朝、一度起きて、また、少し眠ると、むすめが「じゃあね、いってきま~す」とでかけるところであった。
 それから、よろよろと起き、メイの散歩をし、シャワーして体操。
 なにも食べずに、飲まずに、出勤。

 午前1件、ミーティング。
 午後ずっと明日の準備。
 7時過ぎに帰宅して、メイの散歩
 それからサラダをつくる。
 レタス 水菜 トマト とうふ ちりめんじゃこ
 半分がゴマドレッシング 半分がポン酢
 高島屋で買ってきた、日本一のやきとりと共に食す

 その後、娘が帰ってきて同メニューを食す
 あれやこれやしているうちにこの時間
 カメ太の世話をしばらくしていなかったことに気づき
 えさを替え、水と水菜をやる
 たべてる たべてる
 ついでに植物にも水やり

 明日は大勢と一年ぶりの再会だ
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 17, 2007

父の日 卒業式 娘のイベント


↑ 父の日だからと娘がつくってくれた朝ごはん

15日(金)
 午前いろいろ
 午後W市へ
 夕刻、新所長歓迎会をはさんで8時まで
 長い長い準備がおわり、いよいよ来週から本番だ

16日(土)
 午前休息
 午後野口体操 ひさびさ
 その後、ずっと火曜日の準備 深夜まで
 妻と義母が無事着いたとのメールが息子より

17日(日)
 朝から昨晩のつづき 午後に一段落
 途中、妻から、むすこの卒業式参列の報告
《楽しく、エンターテインメントな卒業式でした!スピーチにもジョークあり、生徒の冷やかしあり、歌有りでとても楽しめました。バグパイプでに入場し、帽子投げで終わる…異国の卒業式でした!帰りはシャンパンで乾杯しました!》
 携帯電話で異国から写真付きメールが来るんだからすごいですね
 夜は娘が出演するイベントへいく予定
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2007

昼下がりから雨

11時 Nさん
16時 定例訪問の用がメールだけで足り
18時 事務所会議

 むすめから「どうしても もんじゃ がたべたい!」という絶叫の電話があり、妻の友人の店で合流
 妻は息子の卒業式出席のために明日から不在となる

 梅雨なのか

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 13, 2007

おいおい

11日(月)
 午前はハードな調停
 午後はタフな証人尋問2時間半
 ぐったりとなった依頼者ともども5時前からビールで慰労会
 夜 面接2名

12日(火)
 Uさんから久々の法律相談
 相談後、店舗のプランナーとしての立場からの事業再生の現場の話をお聴きする
 日本経済復活がみせかけであることを実感する

13日(水)
 このところ胃が不調だったので検査
 重大な病だったらどうしようと思っていたが
 なんでもない むしろきれい といわれて安心
 夜、今日からアルバイトをはじめた姪を連れて妻と食事

 毎日新聞が《元検事の弁護士が元日弁連会長の弁護士と通じて、朝鮮総連のビルを仮装売買》というスクープ
 ここには書けない別の弁護士の不祥事もきく
 麻原の弁護人、光市の母子殺害の弁護人、福岡飲酒大事故の弁護人、今回の事件、十把一絡げに「弁護士なんてろくなもんじゃない」というヒステリックな論がしばらくの間、飛び交うことであろう
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 10, 2007

 様子見も限界となり、タクシーに乗る 豪雨
 まっすぐ事務所へいけばいいのに、三越と丸善へ
 買いたい本があって行ったのだが、いろいろ見ているうちに、むやみと買ってしまう
 でも、はずせないものばかり

 瞳さんと 山口治子
 ドーダの近代史 鹿島茂
 僕の複線人生 福原義春
 ゼフィルスの卵 池田清彦
 天才をプロデュース 森昌行
 暮らしの和道具 遠藤ケイ
 人生の短さについて セネカ
 「いき」の構造 九鬼周造
 老年について キケロー
 論より詭弁 香西秀信
 街場の中国論 内田樹
 本の読み方 スロー・リーディングの時代 平野啓一郎
 週末起業 藤井孝一

 「瞳さんと」は山口瞳さんの奥様の治子さんの回想記
 坪内祐三さんには「瞳が入っている」そうですが、私にもその気があり
 なんといっても8年間ほど同じ町に暮らしていたことがなつかしい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

握手

9日(土) やや二日酔いの頭で7時33分の新幹線にのり郷里へ
 眠ることができず、ずっとあるセミナーを聞きつつ帰る
 なかなか勉強になる
 10時8分 次兄が迎えに来てくれている
 10時40分 帰宅 寝ている父の背中を母がかいている
 12時すぎから 両親 次兄夫婦と長女 6人で昼食
 父はあまり会話に参加できない

 昼寝して 父と握手して辞す
 15時55分のローカル線にのる
 日本一美しい(実際に表彰されている)を田園風景ながめつつDENIMを聴く
 20時6分 東京駅
 今夜はアルコール抜きで早々と寝る

10日(日)
 明日の準備があるのだが、雷雨
 でかけるのがおっくうで様子見をしている

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2007

下町探検

11時 裁判所 M社とIさんの破産事件の集会と免責手続き 無事終了
14時 Aさんご夫妻
17時 森下町へ
 今日は下町を探検したいという数名をご案内するツアー
 下町とは、山の手の対語で、隅田川のこちら側を指す言葉では、本来ない
 しかし、最近は自治体自体が、隅田川を越えていようと荒川を越えていようと「下町」と自称するからしょうがない
 
 それはさておきコースは
 居酒屋の名店 山利喜 開店前に並ばないとなかなか入れない人気店
 そのため5時スタートになったのでした 日があるうちに呑むのは楽しい
 次に さくら鍋(けっとばし)のみの家
 高橋のどぜう 伊せき
 各店でセーブ気味にしたとはいえ、いいかげん苦しく
 隅田川テラスを散策し
 新大橋を渡って浜町河岸に出る
 人形町に入って甘酒横町の ささ新 をのぞくが満員
 近くのバーで2杯
 今夜のために投宿するというNさんの部屋に6名がおしかけ誕生日を迎えたFさんのためにシャンペン2本

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2007

ばか光線

 先日、DVDプレーヤーがこわれて、修理にだすため、配線をばらばらにした。
 戻ってきたので、配線し直したら、むちゃくちゃになってしまった。ちゃんとメモしながら配線をはずし、線に印をつけておいたのに。なさけない。
 それで、ケーブルTV会社の人にきてもらったら15分くらいで完璧に直してくれた。只。ありがとう!

 それはそうと、アナログがあり、衛星放送があり、地デジがあり、ケーブルがあり、もう何がなんだかさっぱりわからない。あたしは。もともとあんまりテレビが好きじゃないから、まじめに覚えようとしないし。
 そんなに選択肢があるとうれしいか?
 TV事業者たち、何か、かんちがいしていないか。

 伊丹さんが書いていた「本を読む時間がテレビを見る時間より少なかったら、その人間は終わり」(大意)
 つかこうへいさんもテレビからは人をバカにする光線が出ていると書いていた。しかり。

 みなさん、 テレビを見るのはたいがいにしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2007

そらまめ

 ひとつは長野産、ひとつは千葉産

| | Comments (0) | TrackBack (0)

伊丹さん

 伊丹十三さんにはとても影響を受けた。
 著作は何度読んだかわからない。映画もすべてみた。TV番組もCMまで含めて録画してある。
 1995年に新潮社から「伊丹十三の本」が出て、今年5月25日に「伊丹十三の映画」が出た。
 
 1997年(平成9年)に自死されたが、その理由はいまだに謎とされている。

 直接的なきっかけはともかく、背景にあるのは周防正行監督が述べている、以下の点であることは、まちがいないように思える(「伊丹十三の映画」 162頁)。

《「ヒットメーカーとしての伊丹十三」というものを自分の中で規定して、ヒットした上で面白くなきゃいけない、面白い上にヒットしなきゃ行けないというような二重の枷を、その後(筆者注:マルサの女のヒットを指す)ご自身の中に作ってしまったような気もするんです》

 5月15日に伊丹十三記念館が開館した。
 今度、行ってこよう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2007

月は朧ではなく

 朝 みさき町へ
 帰宅後、疲れがでて昼寝
 体操のクラスに行くつもりだったが
 午後6時30分 妻の母のお誕生祝い@六本木の仕舞た屋
 いろいろサービスしてもらいありがとうございました

 帰宅途中 大きな月

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2007 | Main | July 2007 »