« December 2008 | Main | February 2009 »

January 31, 2009

関川さんと内田さん


右が関川さん 左が内田さんのサイン

28日(水) 
10時 新件でS社のご相談
13時 N社 うーん まいった
16時 平井までT社訪問
18時 Oさん来所 新ビジネスについて語る
 その後,ふるいなじみの元淳へ

29日(木)
10時 歯医者 懸案の右奥歯の詰め物おわり
13時 バイト面接 准介の友人のK マタニティスイミングからのともだちだ
15時 T社O社長
16時 Aさん親子と後見人のNさん
18時30分 JDサウザーライブ 脱力。。。

30日(金)
日曜日の講義の準備
13時 Hさん一家とIさん
13時10分 甲府の事件の判決 全面勝訴
16時 T社
19時 30分まちがえてH所付の送別会

31日(土)
神戸女学院大学で,内田樹さんが関川夏央さんを招いてのシンポジウム
日垣隆さんとご一緒する約束であったが,わけあって
ひとり関西へ向かう
教え子のMさん(男)が新大阪まで迎えに来てくれて
大学へ向かう
一番大きい教室が八割方埋まる盛況
内容はすばらしかった
それについては別途
終わってから懇親会に誘っていただき
もうひとりの教え子のOさん(女)も合流し
西宮北口で編集者の方なども交え3時間ほど
内田樹先生の横で,ずーっとお話しをうかがう
至福

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 28, 2009

老いてますます楽し

 いつの頃からか、いかに老いるか、というのが重要なテーマになり
 早く老人になりたいのであるが
 なかなかうまくいかない
 
 老いてますます楽し―貝原益軒の極意 (新潮選書) から

 益軒は生涯を通じて、
 旅を楽しみ、読書を楽しみ、音楽を楽しみ、
 宮仕えを楽しみ、家庭生活を楽しみ、交友を楽しみ、
 奉仕を楽しみ、学問を楽しみ、著述を楽しみ、
 飲食を楽しみ、服飾を楽しみ、
 自然を楽しみ、善行を楽しみ、養生を楽しみ
 そしてなによりも生きる楽しみを追求した人物だった。

 ずっと手帳にはさんであったことばを公開しました。

26日(月)
足利へ 田園都市線がおくれてあやうく遅刻しそうになる
おべんとうを用意していただき 帰路 車中でたべる
そのままお世話になっているY先生の選対事務所へ
この日が公示日
教官業の先輩のU先生も副会長に立候補
電話かけの担当なので、同期にかけまくる
ふぅ

事務所に戻り がしがし仕事
8時 会食 

27日(火)
12時 事務所改装打ち合わせ
13時 G社 C会長
16時 T先生訪問 その後開館へ
18時 D社 I社長

 早めに帰宅
 妻は歌の会にいっているので
 持ち帰り寿司とナムルをたべる
 メイにおすそわけ
 ずいぶん早くから爆睡


| | TrackBack (0)

January 24, 2009

虹を見に行こう

24日(土)
天気はよくないが
ひさしぶりにゆっくり
お昼に御宿までお蕎麦を食べに行くと
帰り道にみたこともない鮮やかさで虹が

25日(日)
5時過ぎに目覚めてしまう
本の整理 そとの棚の整理
樹氷ができている
14時 事務所
15時 Mさん
16時 T社
18時30分 妻の友人のもんじゃやさん
閉店とのことで訪ねる
家族4人とおばあちゃん

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 18, 2009

1月第4週

18日(日)
日曜日だが事務所へ
明日の証人尋問準備
夕方帰宅すると,誰もおらず

19日(月)
9時30分 I社のKさん
午後 T社の件 代表者本人尋問 反訴の原告本人尋問
書記官の女性が心証を明らかにしてくれるのがうれしい
夜 新年会をかねた誕生日会 のみすぎ

20日(火)
10時30分 M税理士事務所 所長およびKさん
11時30分 Iくん夫妻
17時 T社のKさん
18時 N協会 新年会
20時30分 Wさん

21日(水)
12時30分 T社打ち合わせ
14時 相沢英之先生と司葉子さんに面談 おじの引き合わせ
 N先生が,相沢先生の従兄の子と知り双方びっくり
16時 G社 電話会議
17時 T社
風邪気味なので帰宅

22日(木)
9時30分 T事務所
11時 T社のT氏の件 弁論準備
12時 C社
午後,google appsのセミナーへ
18時30分 親和全期会 新人歓迎会
若手を激励する役回りのおじさんになってしまった
21時 T社のSさん

23日(金)
10時 T社 
11時30分 歯医者
14時30分 H社社長の破産集会 終結
T社へ行き その後事務所内打ち合わせ
21時 妻と落ち合ってみさきへ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 17, 2009

グループ サウンズ

14日(水)
9時15分 20部で裁判官と面接
その後,新人のNさんを弁護士会館内ひきまわし
11時 IG法律事務所
コンビニで買ってきた焼きビーフンで昼食
13時 Fさん
15時30分 J社
17時 Hさん
18時 Oさん来所

睡眠不足,スケジュールいずれもきつく
早めにおやすみ

15日(木)
9時45分 品川Pホテルで会合
午後の打ち合わせは翌日に延期
18時 会派の新人歓迎会
 事務所の3名 U先生の事務所の3名をご紹介
21時 事務所会議

16日(金)
10時30分 W社
13時 N社
合間をぬってMさんと打ち合わせ
16時 T社 本人尋問打ち合わせ
18時30分 
隣のホールで懐かしのグループサウンズのコンサート
三原綱木(ブルコメ)
加橋かつみ(タイガース)
牧秀人(オックス)
マモルマヌー(ゴールデンカップス)
今井久(パープルシャドーズ)
岡本信(ジャガーズ)

最初はどうなることかと思ったが
さすがみな一世風靡した人たちだけあって
おもしろかった

17日(土)
10時 事務所 実測立ち会い
15時 本当にひさしぶりに野口体操のクラスへ
2時間 たっぷりゆるめる きもちよかったー


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 13, 2009

野口悠紀雄先生

1月13日(火)
今日から本格稼働
12時 事務所を増床することになったので
それについての会議

15時 G社の新商品についての会議
17時40分
日垣さんのラジオ番組に野口悠紀雄先生がお出になるというので
見学させてもらう
その後,会食にもご一緒させていただく

今の私が,時間をやりくりして,ストレスをやり過ごして生き延びているのは
野口先生の「続「超」整理法 時間編」のお陰によるところが,極めて大きい
経済に関するご著書にも常に共感している

というわけで
一読者として,知りたかったことを,あれこれお尋ねして
楽しいやら,ためになるやら
本当に楽しい一夜であった

野口先生をお送りした後
めずらしく13時まで

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 12, 2009

おねだりメイ

旅の間,おとうさんから,おつまみを分けてもらえなかったメイは
すこしやせたかもしれない

| | Comments (0) | TrackBack (0)

息子の成人式

1月12日は成人の日

朝,事務所へ行って一生懸命かたつけ

お昼は,息子の成人のお祝いとて
妻の妹の店で妻の父母,妹,我が家の4人で会食
息子にスピーチさせるはずが忘れた

妻は,ずいぶん思い入れがあるようであるが
息子や私は・・・
食後,また事務所へ戻ってお片付け 
3年間の垢がだいぶ落ちてきた


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 11, 2009

朝焼け

朝,目を覚ますと東の空にすばらしい朝焼け
西の空には,卵の黄身みたいなお月様

さすがに,みちのく流れ旅の疲れが出たか
体が重い
事務所へ行って1週間分の始末をつけようとおもったが
体がいうことを利かず
昼過ぎから「浮き草」を観てすごす。
小津安二郎が,大映で撮った唯一?の映画
惹句にいわく

名匠小津安二郎が
愛と微笑の心で
うたいあげた人生の真実
胸打つ哀愁と感動で
全編を貫く文芸巨編!

て,大げさすぎるんですけど。。

中村雁治郎,京マチ子,若尾文子,川口浩など。
雁治郎は,こないだ,小早川家の秋,でも観たけれど,すばらしい。
もてただろうなあ。
京マチ子もいい。若尾文子は初々しくて,これもいい。
川口浩は,簡単に誘惑されてしまって,それもい。

妻は,その間,別室で「デスペレートな妻たち」を観ていた模様
小津のよさは,わからんと

映画を観ていると,やたらに雁治郎が「一本付けてや」といって
おいしいそうに呑むので
がまんできなくなり
見終わってからぬる燗で一本
そいで寝てしまったら
ずいぶんからだが楽になりました

夜は妻と娘で外食

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 10, 2009

東京 夕焼け

仙台から東京へ
丸の内ホテルで相談をうけて
4時過ぎに帰宅
すばらしい夕焼け

| | Comments (0) | TrackBack (0)

再び仙台の夜

9日(金)
12時50分 山形講義
開始前に,伊藤ちゃん,といってもわからないだろうが
受験時代からの友人の弁護士が
「あれー 近藤さんがいる!」といって入ってくる
彼は山形で弁護士をしているのだが
今回は一緒に食事をする時間もないので声をかけなかったところ
弁護士会に委員会でやってきたのだという

講義を終えると,外は雪
仙山線で,またごとごとと仙台へ戻る
仙台に記録修習に来ていた面々
はるか福岡などからかけつけてきた2名
合計8名で仙台の夜を過ごす

みのむし というお店
海の幸がすばらしい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 08, 2009

仙台から山形へ

8日(木)

今日も教官室へのメールの一部引用で
 
(引用はじめ)

 仙台は,かなり洗練された大都会で,Loftもルイヴィトンもあり,銀座とみま
ごう華やかな夜の蝶(←ふるい)も生息していました。
 
 昨日は2名の者が,三次会に行きたいというので,刑弁の○○先生と1時ころ
までつきあって,寝たのは2時でした。。。。
 
 今朝は仙山線にのって,山形へ参りました。
 山の中を,がたごとと,愛子,熊が根,面白山,山寺というような楽しい駅名
をと雪山を眺めつつ。
 
 山形には顧問会社があるので,担当者と蕎麦をたべにいきました。
 
 今夜の懇親会,明日の講義。
 これですべてが終わりです。

(おわり)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 06, 2009

青森から仙台へ

6日(火)
12時 青森県弁護士会の幹部の方々と会食
12時50分 講義
終わって仙台へ向かう
教官仲間に出したメールを(一部)引用します。

(引用はじめ)

 青森での講義を終えて,仙台につきました。
 
 ふわふわと雪が舞う青森駅前の(一応)メインストリートを駅に向かって歩き,構
内で海鞘(ホヤ)の燻製とじょっぱりの熱燗を贖い,白鳥号の到着ホームに向か
って歩けば,まわりには あき竹城に似た女性が何人もいて,津軽海峡線,など
という案内板が胸にしみます。さびしい。まるで芭蕉になった気分。
 
 ほんとうに冬の北国の旅は趣があります。
 仙台は大都会で,この感興はすこし薄れてしまいました。

(おわり)

 仙台泊 この日は外へ出ずにホテル内で軽く食事
 しかし,地下のお店はほとんど閉まっており,こちらもさびしい

7日(水)
12時50分 講義
18時30分 懇親会 三次会まで 帰宅は2時近く


| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 05, 2009

青森到着

荷物をおいて少し町歩き
昼食は ほじゃ定食 というもの 
じゃっぱ汁というのがメインのようだがいずれも意味不明

棟方志功記念館は休館とわかり
三内丸山遺跡へ その後,県立美術館
いずれもなかなかよかった

この間,断続的に電話で仕事

ホテルにチェックインし
6時から懇親会 2軒

| | Comments (0) | TrackBack (0)

はやて

1日(木)
快晴
今年かった器でお屠蘇
去年買ったお椀で雑煮

造りかけの庭の階段を3段つくる
その後,婆,われわれ夫婦,子どもたちの5人で初詣へ
近くの神社やお寺をいくつかまわる

妻の両親と妹が来岬
鮟鱇鍋 これもいただきもの おいしい
日頃,食欲のないという義父がよくたべてくれてよかった

2日(金)
朝,岐阜の実家では恒例の「とろろ汁」をつくり,ごはんにかけて食す
自然薯でなく,ふつうの山芋なのでねばりが足りないが,よしとしよう
これも義父は2膳
昼過ぎ妻の家族は帰京
昼は,蕎麦 義母の実家方面からのいただきもの
ふつうのつけ汁の他 暖かい鴨汁 からみ大根の汁など
蕎麦湯もおいしい

蕎麦湯を飲んでいると
娘が述懐
「むかし おとうさん お店で そば湯下さい っていったら ありません っていわれて切れたよね。
 だったら,この蕎麦はなにでゆでているんだ!って。」

夕刻,子どもたちは帰京 かなり渋滞した模様

3日(土)
朝 私だけ電車で帰京
13時 松井久子さんとミーティング ほぼ5時まで
自宅へ戻って あまりもののお肉でしゃぶしゃぶ

4日(日)
出張講義の準備
途中出張先でのイベントのアレンジに問題あることに気づく
午後早くに解決
3時 Sさん
5時 新春恒例の小朝・正蔵の落語会 妻 妻の両親 妹 うちの母
この日は,正蔵が芝浜をやって,小朝をしのいだ
小朝は泰葉のことにはふれず
正蔵
「毎年楽しみにしております,この高座,数年前は兄弟会だったんですが。。。。」
「昨年,えらいお坊さんが一年間を表す文字として『変』というのをあげておられましたが,うちは姉が変わってしまいました。。。まさか,姉がプロレスに出るとは。。。切ないもんでございますよ。姉がリングで戦っているというのは。。。」
8時 子どもたちも合流して食事 息子は風邪をひいてしまったとのこと
 娘が運転して妻と送っていく
 私は母と帰って早めにねる

5日(月)
6時55分の「はやて」で青森へ向かう

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 01, 2009

謹賀新年

 あけましておめでとうございます。
 昨年は、いろいろな意味で節目の年でした。

 子どもたちがふたりとも大学生になり
 妻が手術をし、恢復し
 私としては大きな再生事件をてがけて様々なドラマの末に認可決定を得
 教官生活も3年目を終えました

 今年からは、いままでとは形を変えて、さまざまな発信をして行くつもりです
 これまで以上のご厚誼をお願い申し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »