« January 2009 | Main | March 2009 »

February 28, 2009

朝のしあわせ 一日のしあわせ

27日(金)
雪の日
早朝から本当に集中して数々の課題をかたづける
17時30分 枯渇して近くのY寿司で熱いのを2本
また事務所に戻っておかたつけ
22時 雨のなかみさきへ

28日(土)
唄をうたったり(近く予定されている60期の同窓会での選曲を兼ねる)
体操をしたり(ストーブの前でゆっくり)
料理をしたり(高山なおみさんのレシピで野菜料理をいっぱい)
花を買いに行ったり
メイと散歩したり
庭に階段をつくったり(穴掘って,転がっている木を埋め込むだけだけど)
映画をみたり(溝口健二 赤線地帯)
本を読んだり(林芙美子の時代 だったかな 川本三郎さんの)
そのまま昼寝をしたり(メイと)
夕方からはシャンペンを呑んだり
拓郎の最後のコンサートに応募したり
小三治の落語を聴いたり


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 27, 2009

禁止リスト

 銀座の老舗で買い物をすると銀座百点というすばらしい小冊子が置いてある
 その中にあった成田一徹さんの切り絵です。

 最近読んだ本に,表現する角度はちがうが,よく考えると同じ趣旨のことが二つ書いてあった。
 そういえば川本三郎さんも確か「禁止事項をつくる」というタイトルでエッセイをお書きになっていた。
 人生も後半になると,しみる

《必要なのは「TO DO LIST」(やるべきリスト)を作ることではなく,「NOT TO DO LIST(断ること,してはいけないリスト)を作ることだったのです》 断る力 勝間和代

《加工を増やすことを考えるのではなく、停滞を減らせばよいのだ》 自分で考える社員の作り方 山田日登志

23日(月)
花粉症か薬の後遺症かだるい。
ミーティング1件

24日(火)
ミーティング3件

25日(水)
ミーティング3件

26日(木)
ミーティング3件 事務所会議 事務所改装打ち合わせ
夜は同期会


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 25, 2009

オバマ

 昨日、オバマ新大統領の演説「大いなる希望」The Audacity of Hopeを読みながら家に帰った。
 確かにすばらしい演説だ。
 アメリカの歴史と彼のルーツを重ね合わせ、アメリカには多様性がある、それを受け容れ進歩のエンジンにする寛容さがある、それこそが大いなる希望の源泉だ、と説く。
 
 今日、寄贈されてくるNews Weekにオバマのブラックベリー中毒を憂う記事があった。
 数多いメールは、集中力をそぎ、持続的な思考を困難にし、しばしば脳に壊滅的ダメージを与えると。
 私はブラックベリーでなくi-modeかi-phoneだが、同じことだ。この記事の説くところによれば、私の脳はすでに壊れているか、もうすぐ壊れてしまうのだろう。ふざけんなよ。

 というようなことを思っていたら、グーグルニュースで、オバマの施政方針演説の訳文が配信された。
 その終わり近くの一節
"私は、サウスカロライナ州ディロンで訪ねた学校に通うタイシェマ・ベテアという女の子のことも思う。その学校では、天井から水が漏れ、壁のペンキがはがれ、教室のそばを列車が疾走するため1日に6回も授業を中断しなくてはならない。彼女は、学校には希望がないと言われたが、ある日、放課後、彼女は公立図書館に行って、この部屋(議場)に座っている人々に向けた手紙をタイプで書いた。彼女は校長に、切手を買うお金すら求めた。手紙は我々に助けを求め、こう書かれている。「私たちはサウスカロライナ州だけでなく、世界も変革できるように、弁護士や医者、あなた方のような議員、そしていつか大統領になりたいと頑張っているただの学生なんです。意気地なしじゃないんです」と。"

 さて弁護士である私たちは、ベテアに目標にされるだけの志を持ち、日々の仕事でそれを実践しているだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 23, 2009

iphonist

金曜日の夜,土曜日の朝,体調わるく,土曜日の朝に体重を計ると○○kgになっていた。増えてたんですよ。むくんでいたのか。
やばい,と思って,土曜部は半断食したら,身体から水がどんどん抜けて,2日間で2.5キロも減った。
そんなのありか,と思われるかも知れませんが,そんなもんです(???)

昨日,ヨドバシで外付けモニターを買った。
これが画期的で興奮してしまった。
事務所のメンバーにあてたメールを引用します。

(引用はじめ)
 ノートPCを利用されているすべての皆さんへ 
 すばらしいモニターをみつけました

 http://www.yodobashi.com/ec/product/100000001001042947/index.html

 ノートPCとこのモニターをつなぐと(USBを差すだけ),ノートPCがデュアル
ディスプレイになります。 
 つまり,
 
 ノート上ではメールを
 このディスプレイの左半分にはワードを
 右半分にはExcelを 
 などというように,異なるアプリケーションを同時に全画面表示で開いて,
 それぞれの間を自在に往復して作業することができる 
 あるいはモニターにA3のExcelを開きっぱなしにして
 ノートの方はメールとワードとウエブを切り替えて作業,というようなことも
できる。 
 接続がUSBなので簡単だし,映像信号がデジタルなので表示も極めて美しい。 
 キーボードがデスクトップとノートで変わることもない(つねにノートで作業
するから)
 
 昨日自宅用に購入して,上記の作業をしたら,あまりに使いやすいので
 今,事務所用にも購入しました
 
 現時点では,上記機種のみですが,3月末にはサムソンからも同じコンセプト
の商品が出るようです
 
 PC周辺機器で久々の感動!
(引用終わり)

 私は,Mac Plusを貧乏修習生の頃に買い,今から15年前にはネットワークコンピューティングを提唱していた。
 東京地検ではじめて調書を「ワープロ」で取ったのも私だ。自慢。

 教官をしている3年間,なかなかIT系に時間が割けなかった。
 そちら系に火がついてしまったらしく,その後はi-phoneのアプリケーションを探索して

・大辞林
・ウイズダム英和辞典 和英辞典
・模範六法
・産経新聞
・豊平文庫
・レコーダー
・乗り換え案内
・その他音楽系遊びソフト

 などを導入しました。楽しい!

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 22, 2009

小三治

16日の週
18日に国際業務機械という会社で,私が関与した最高裁判例についての講演
知的興奮を感じた,というコメントをいただいてうれしかった。

20日の夜
最初の勤務していた事務所のアルバイトだったお二人と会食
お二人とも立派なビジネスマンになっておられます
憂うところは同じ
要するに,政府,官僚は,まっとうな民間のやることに口を出すな
ほっといてくれ!
これに尽きています

21日(土) 司法書士研修講師 模擬裁判
 夜は,日垣隆さん主催の読書会 今回のテーマはTV・新聞の壊滅状況

22日(日) 映画 小三治 を妻と観る よい映画だった
 小三治が何度も「自分は,噺家には向いてねえ。向いてねえ仕事をするのはつらい。」という。
 私も,しばしば同じようなことを口に出していることがおかしかった。
 終わってからBondhiでカレー。
 銀座へ出て伊東屋 アップルストア
 秋葉原のヨドバシで,妻にICレコーダー 唄やコーラスの練習用
 帰宅して野菜ばかりの夕食

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2009

ちゅうとはんぱ

 バレンタインの前日
 Kさんから手紙とともに送られてきたチョコ
 1年の様子を彷彿とさせる短いお手紙とともに
 ありがとう

 今朝、エルサレム賞授与式での村上春樹さんのスピーチをYOUTUBEで観ていたら
 中川大臣の失態と対比したコメントがあり
 このような立派な、誇れる日本人がいる 泣けた
 この人に総理大臣をやって欲しい!
 とあった

 それは無理

 中川大臣問題で笑えたコメントはビートたけしで
 あれは中途半端な酔い方だからいけない
 あそこでゲロはいちゃえば「本当に体調が悪かった」ことにしてもらえたかもしれない
 志ん生師匠は高座でうんこしてしまったこともあるとか
 中川とのちがいは実績だ とのこと

 きれいな写真にきたない話しになってしまった

| | Comments (0) | TrackBack (0)

村上春樹さんのエルサレム賞受賞スピーチ 全文

 村上春樹さんがエルサレム賞を受賞し,珍しく映像付で報道されている。
 しかし,エルサレムでイスラエル批判をした,という側面ばかりが強調されて,スピーチ全体の趣旨が正確に伝わっていないようだ。
 全文を入手したのでお読み下さい。
 春樹さん自身が「今日は嘘をつかない」といっているとおり,後半はあまりに真率なスピーチです。

Always on the side of the egg 訳文付はこちら
By Haruki Murakami

I have come to Jerusalem today as a novelist, which is to say as a professional spinner of lies.

Of course, novelists are not the only ones who tell lies. Politicians do it, too, as we all know. Diplomats and military men tell their own kinds of lies on occasion, as do used car salesmen, butchers and builders. The lies of novelists differ from others, however, in that no one criticizes the novelist as immoral for telling them. Indeed, the bigger and better his lies and the more ingeniously he creates them, the more he is likely to be praised by the public and the critics. Why should that be?

My answer would be this: Namely, that by telling skillful lies - which is to say, by making up fictions that appear to be true - the novelist can bring a truth out to a new location and shine a new light on it. In most cases, it is virtually impossible to grasp a truth in its original form and depict it accurately. This is why we try to grab its tail by luring the truth from its hiding place, transferring it to a fictional location, and replacing it with a fictional form. In order to accomplish this, however, we first have to clarify where the truth lies within us. This is an important qualification for making up good lies.
Advertisement
Today, however, I have no intention of lying. I will try to be as honest as I can. There are a few days in the year when I do not engage in telling lies, and today happens to be one of them.

So let me tell you the truth. A fair number of people advised me not to come here to accept the Jerusalem Prize. Some even warned me they would instigate a boycott of my books if I came.

The reason for this, of course, was the fierce battle that was raging in Gaza. The UN reported that more than a thousand people had lost their lives in the blockaded Gaza City, many of them unarmed citizens - children and old people.

Any number of times after receiving notice of the award, I asked myself whether traveling to Israel at a time like this and accepting a literary prize was the proper thing to do, whether this would create the impression that I supported one side in the conflict, that I endorsed the policies of a nation that chose to unleash its overwhelming military power. This is an impression, of course, that I would not wish to give. I do not approve of any war, and I do not support any nation. Neither, of course, do I wish to see my books subjected to a boycott.

Finally, however, after careful consideration, I made up my mind to come here. One reason for my decision was that all too many people advised me not to do it. Perhaps, like many other novelists, I tend to do the exact opposite of what I am told. If people are telling me - and especially if they are warning me - "don't go there," "don't do that," I tend to want to "go there" and "do that." It's in my nature, you might say, as a novelist. Novelists are a special breed. They cannot genuinely trust anything they have not seen with their own eyes or touched with their own hands.

And that is why I am here. I chose to come here rather than stay away. I chose to see for myself rather than not to see. I chose to speak to you rather than to say nothing.

This is not to say that I am here to deliver a political message. To make judgments about right and wrong is one of the novelist's most important duties, of course.

It is left to each writer, however, to decide upon the form in which he or she will convey those judgments to others. I myself prefer to transform them into stories - stories that tend toward the surreal. Which is why I do not intend to stand before you today delivering a direct political message.

Please do, however, allow me to deliver one very personal message. It is something that I always keep in mind while I am writing fiction. I have never gone so far as to write it on a piece of paper and paste it to the wall: Rather, it is carved into the wall of my mind, and it goes something like this:

"Between a high, solid wall and an egg that breaks against it, I will always stand on the side of the egg."

Yes, no matter how right the wall may be and how wrong the egg, I will stand with the egg. Someone else will have to decide what is right and what is wrong; perhaps time or history will decide. If there were a novelist who, for whatever reason, wrote works standing with the wall, of what value would such works be?

What is the meaning of this metaphor? In some cases, it is all too simple and clear. Bombers and tanks and rockets and white phosphorus shells are that high, solid wall. The eggs are the unarmed civilians who are crushed and burned and shot by them. This is one meaning of the metaphor.

This is not all, though. It carries a deeper meaning. Think of it this way. Each of us is, more or less, an egg. Each of us is a unique, irreplaceable soul enclosed in a fragile shell. This is true of me, and it is true of each of you. And each of us, to a greater or lesser degree, is confronting a high, solid wall. The wall has a name: It is The System. The System is supposed to protect us, but sometimes it takes on a life of its own, and then it begins to kill us and cause us to kill others - coldly, efficiently, systematically.

I have only one reason to write novels, and that is to bring the dignity of the individual soul to the surface and shine a light upon it. The purpose of a story is to sound an alarm, to keep a light trained on The System in order to prevent it from tangling our souls in its web and demeaning them. I fully believe it is the novelist's job to keep trying to clarify the uniqueness of each individual soul by writing stories - stories of life and death, stories of love, stories that make people cry and quake with fear and shake with laughter. This is why we go on, day after day, concocting fictions with utter seriousness.

My father died last year at the age of 90. He was a retired teacher and a part-time Buddhist priest. When he was in graduate school, he was drafted into the army and sent to fight in China. As a child born after the war, I used to see him every morning before breakfast offering up long, deeply-felt prayers at the Buddhist altar in our house. One time I asked him why he did this, and he told me he was praying for the people who had died in the war.

He was praying for all the people who died, he said, both ally and enemy alike. Staring at his back as he knelt at the altar, I seemed to feel the shadow of death hovering around him.

My father died, and with him he took his memories, memories that I can never know. But the presence of death that lurked about him remains in my own memory. It is one of the few things I carry on from him, and one of the most important.

I have only one thing I hope to convey to you today. We are all human beings, individuals transcending nationality and race and religion, fragile eggs faced with a solid wall called The System. To all appearances, we have no hope of winning. The wall is too high, too strong - and too cold. If we have any hope of victory at all, it will have to come from our believing in the utter uniqueness and irreplaceability of our own and others' souls and from the warmth we gain by joining souls together.

Take a moment to think about this. Each of us possesses a tangible, living soul. The System has no such thing. We must not allow The System to exploit us. We must not allow The System to take on a life of its own. The System did not make us: We made The System.

That is all I have to say to you.

I am grateful to have been awarded the Jerusalem Prize. I am grateful that my books are being read by people in many parts of the world. And I am glad to have had the opportunity to speak to you here today.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 18, 2009

風邪予防法

 この3年間、一度も風邪で(ほかのことでも)寝込むことはありませんでした。
 病弱で、幼い頃は月の半分を寝ていることも多かった私が、まったく風邪を予防できるようになった秘訣を記します。

 常備すべきもの
 マスク 不織布のものがよい(すばらしい発明ですね!)
 葛根湯 液体がよいが、顆粒でもまあよい。携帯には後者が便利。
 衣類にはりつける式のカイロ 小さなものでよい

 予防策1(一般予防)
 とにかく体を冷やさない。
 冷えやすいのは頭と首まわり それから鼻と口
 首は、マフラーやなければタオルでもいいから、少しでも寒かったら巻く
 口と鼻は冷たかったり乾燥を感じたらすぐにマスクをする
 マスクがなければ、バンダナやタオルを口と鼻にまいてもよい
 人の多いところではマスクをする
 汗をかきそうなときは着替えの下着を持ち歩いて、汗がすこし引いたらすぐに着替える
 てぶくろもあるといいですね
 寒いとおもったら、腰の下の方、尾てい骨の少し下にカイロ
 低温やけどに注意 衣類数枚の上からはるとよい
 呑みにいったら、最初は熱燗かお湯割りをたのんで
 ビールは呑みたければ体が温まってからにする
 手洗い うがい できれば鼻うがいまでする

 予防策2(ひきそう段階←ここが重要)
 すこしでも風邪の予感がしたら、30分以内に葛根湯をのむ
 30分以内は漢方の本に書いてあることです 笑ってはいけない 非常に大事
 このために顆粒を持ちあるく
 できれば、白湯にとかして暖かくして呑むと良い
 移動中などはコンビニや駅の売店で顆粒の葛根湯を暖かいお茶にとかしてのむ
 暖かく消化のよいものを食べる まあ麺類が無難でありましょう
 風邪は内臓疲労から引きこむことが多いので
 決して「栄養をつけよう」とどか食いしてはいけない
 現代人には栄養は足りすぎだ すこし体に飢餓感を与えるくらいでちょうどよい
 この段階なら胡椒、とうがらし、山椒、にんにく、ねぎなどはよい
 あとはいっそうあたたかくし、すべてのつきあいには不義理をして
 とっとと寝る

 予防策3(ひいてしまって重くしない法)
 ひいてしまったけど、のどが少しいたいなどの段階であれば
 体のこわばりをとることをする
 具体的には
 腰湯につかる←全身浴だと長く入っていられない ただし上半身を寒くしないこと
 そこには百合オイルを入れる←香港で買ってきた 薬局にあるかは知らない
 30分くらい腰湯につかると全身が温まる
 その状態で野口体操をする←ふつうの人はむりか
 とりわけ股関節を中心にゆるめて、その結果としてのゆるみを全身へ
 時間をかけてじっくりゆるめるが湯冷めしないように
 タオルや着替えの交換をひんぱんに
 全身ゆるんだら予防策1へ
 食事は細めにして(断食してもよい)内臓をやすめる
 不要不急の約束はキャンセルする 不義理をおそれない
 同席した人で煙草を吸う人がいたら
 アレルギー体質で煙草の煙をかぐと
 ショック症状が起きて死んでしまうと嘘をついてやめてもらう

 なお、風邪が重くなってしまったら、唐辛子や胡椒などの刺激物はやめましょう
 粘膜があれて、炎症や咳がとれにくくなります

 誰にでもできると思ったけど、野口体操と不義理はかんたんではないかもしれないですね


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 13, 2009

花粉が舞い始めました

12日(木)
11時 G社のCさん
17時 妻と落ち合い軽く寿司をつまんで
 広瀬香美のライブ
 こわいテンションであった。。。。
 唄はすごいけど。

13日(金)
11時 C社
15時 C社(別の)
会議が終わるとバレンタインチョコが届いていた
短い中にも一年間の重みを感じさせるお手紙つき
19時 我々の後を襲う新任教官の先生方の歓迎会
 タイ料理が辛くビール呑みすぎ

14日(土)
朝 昨夜の後遺症に苦しむ
今週も司法書士研修
休み時間に好意的感想をいいに来てくれる人が複数いて
うれしくなる

夜バレンタインチョコをいただく

15日(日)
12時 娘のダンスのイベントへ
MCがいただけない 
PAの重低音も身体にわるい
若いときは強い刺激がほしいものとはいうが
夕方は蕪をつかったみぞれ鍋
早めに就寝

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 11, 2009

檻をやぶる

2月10日(火)
9時30分 昨年来,懸案のS社破産の被害を受けたE社の件で会議
昨夜の夜更かしがきつく昼過ぎに少し仮眠
15時 Sさんらと新ビジネスについての会議
19時 U先生と奥様
22時 みさきへ

今年は,千年紀ということで源氏物語にチャレンジ
その過程で
色好みの構造 を読む
なぜ平安朝のあの方々はあんなに乱倫であったのか
という問の立て方自体が現在の価値観,思考の枠組みからの見方であって
そうすべき内在的理由があったのだ

紹介してくださった学習院大学の飯田先生に感謝


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2009

久闊を除す

9日(月)
13時 google appsへの移行検討会議 時期尚早との結論となる
16時 松井久子さん 会議
18時 M先生 一年前にあったはずの懇親会 二次会まで

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2009

この人この3冊

毎日新聞の8日の書評欄「この人この3冊」に,私の書いた文が掲載されました。
和田誠さんがイラストを描いてくださいました。
「konohito.itamijyuzo.pdf」をダウンロード

| | Comments (0) | TrackBack (0)

梅が咲きました

梅が咲きました

日帰りでみさきへ
妻はゆえあって家で休息
小さな梅の木に花が
桜のつぼみもふくらんでいます

もう春です
新しい船をだそう

午睡をたのしんで
夜は映画「放浪記」を見てから帰宅
高峰秀子がすばらしい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 06, 2009

濃密度

6日(金)
9時半 アルバイト面接 といっても息子のバンドのドラムのRくん
10時30分 W社
12時30分 歯医者 懸案のつめもの完了
15時00分 T社
16時30分 F顧問
18時 F顧問とU先生

今週は密度が濃かった

| | Comments (6) | TrackBack (0)

February 05, 2009

されど私の人生は

昨日,プレゼント用のCDを買いにいったところ,斉藤哲夫さんの新らしい(といってもセルフカバーだが)アルバムがあって購入

何はともあれ,音楽活動ができるようになってよかった

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2月になりました

2月2日(月)
ミーティング2件

3日(火)
午後,ひさしぶりに教官会議で司法研修所へ
新しい教官がいらしゃるので,荷物を段ボールにまとめて
事務所へ送る算段
15時 教官会議
18時 紀尾井会
20時 Hさん Kさん

4日(水)
ミーティング2件

5日(木)
ミーティング3件
夜 宮下さんの入籍祝い+1月2月のお誕生会
誕生日のみなさんにgontitiのCDを贈る


| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 02, 2009

司法書士研修 達郎

2月1日(日)
認定司法書士の特別研修の講師を依頼され
多摩永山で6時間のゼミ
これからも3月上旬まで断続的につづく

18時 6年ぶりにツアーを行っている達郎さんのコンサートへ
ファンクラブ枠で予約したところ
森光子 東山紀之 石田順一 松たか子 江口洋介 ピンクレディのミーちゃん(すっぴん)
などがまわりにおられました
ミーハーなあたしはうれしかった

若いときより声が出るようになっているが
一曲づつは短くされている
お笑いネタも短め
アカペラやカバーがすごい

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2009 | Main | March 2009 »