« September 2011 | Main | November 2011 »

October 20, 2011

断食あけから10月15日まで

111019_170630

最近、すっかりブログの更新がおろそかになっている。
断食から帰ってきてからの印象的なできごとを書いておこう。

9日(日)は事務所の中島君の結婚披露宴 僕はお酒抜き
 彼の大学時代の部活仲間の酔い方がすごい(>_<)

11日(火) M先生から焼肉にご招待 千葉市の高麗
12日(水) O野さんから和食にご招待 招福楼
 断食効果もあえなく元の木阿弥 かと思ったが大丈夫。
13日(木) ピアノの体験レッスンや読み書きクラブへ行くはずがお腹を壊してダウン
 食べ過ぎのせいではなく、ある薬を誤飲したせい(>_<)
14日(金) 宮下さんの送別ランチ
 夜、小朝と三枝の二人会
15日(土) 鴻志会最後の合格者山崎宏明さんの合格祝賀会+内野経一郎先生の75歳のお祝い

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2011

断食(その2)

1318647429124.jpg

 3日間の断食を終えると、回復食が始まる。
 断食をすること自体はそれほどむつかしくはないが、回復食のコントロールがむつかしいとのこと。
 ここで、どか食いをすると、断食の効果があまりでないし、リバウンドや、胃腸に負担をかけたりすることになるのだろう。

 最初は、玄米の三分がゆにごま塩だけ。
 次に、五分がゆにお味噌汁(豆腐→次にじゃがいも)
 
 というように徐々に普通食に近づいていく。
 デザートに、りんごと人参のシャーベットなどもでる。
 味覚が敏感になっていて、どの食材もおいしさでいっぱいである。
 豆腐をたべれば、大豆の味がほんとうにおいしい。
 お粥の味、それにかけたごま塩の味。一口食べる毎に、口の中においしさが、いっぱいに広がる。
 シャーベットの甘酸っぱさは、舌だけでなく、口の中全体に突き刺さってくるようだ。
 幸福感に充ち満ちる。一口づつ、ゆっくりと味わって食べる。
 全員が、ある意味、宗教的な幸福感に包まれつつ笑顔でいっぱいである。

 最終日前に、生活改善講座を受ける。
 食事、運動、ストレスコントロールなどについて。
 僕の場合、これまで実践してきたことと路線は、ほぼ一致している。
 問題は、お酒だな。
 でも、お酒についても、絶対に呑むな、みたいなストイックな教えではないので共感する。
 適量なら毎日呑んでもいい。たまになら、どかんと呑んでもいい。
 普段は日本の伝統食で。
 週に一度は、何を飲み食いしてもいい日をつくりましょう。罪深きジャンクフードを讃える日を。

 写真は最終日の朝食。
 小豆入り玄米ご飯
 野菜サラダ
 お漬け物
 ひじきと大豆の煮物
 玄米パン
 あじの干物
 豆乳のムース(かな)

 これだけあると、苦しくて、時間をかけないと食べることができない。

 6日間を過ごして、体重は3キロ減少。体脂肪率は正常値へ、内臓脂肪指数は2点減。体年齢も実年齢よりも若くなった。

 身も心もすっきりとして帰ってきました。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10年間 ありがとう!

1318646796728.jpg

事務所創設以来、10年間にわたって貢献してくれた宮下理恵さんが、子育てに専念することになって、送別の昼食会をした。娘の瑚奈ちゃんも連れてきて、ちかくの「日本橋ゆかり」で、ちょっと贅沢なお昼。

彼女は事実上の総務部長・事務局長として、和をもって尊しとなし、本当によく事務所をまとめてくれました。

涙あり、笑いありの送別と答礼のスピーチの数々。
本当に、長い間、ありがとうございました。

また、いつか!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2011

All Because of Your Guide

1317879785115.jpg

プールでたっぷり泳いで、iPhoneでRSSリーダーをチェックすると、野口体操の羽鳥先生のブログに、アップルのスティーブ・ジョブズの訃報が記されていた。

1955年生まれ。僕よりたった4歳しか年上じゃないんだ。

司法修習生のころ、ワープロ専用機から、PCに乗り換えようとして、いろいろな機種を検討した。
日比谷公園近くのビルの中に、キヤノン販売のブースがあって、そこに、Macintosh Plusがあった。
アルダスのPage Makerというソフトが走っていて、そのデモがあった。
テキストファイルを、PageMakerの中の配置したい場所にドラッグ&ドロップすると、まるで、一つのグラスから、別のグラスに水を注ぐように、テキストの文字が流れ込んでいった。

背中を電流が走った。
どんな音楽よりも、どんな書物よりも、僕に与えた衝撃は大きかったかもしれない。

The computer for the rest of us.
Think different.

そんなシンプルなメッセージに、そしてそれを具現化した製品によって、僕は育てられてきた。

人生の大きな決断をするときには、選択肢があれば、少数派が選ぶ道をあるいてきた。
あるいは、誰も歩かない道を。
大多数の人が、それが通念だと考えていることに、盲目的にしたがうことだけはすまいと思い、実践してきた。それが、どんなに巨大な相手だったとしても。
僕が世の中に送り出すものは、絶対にわかりやすくなければいけないと考え、実践し、後輩たちに伝えてきた。
少数派であっても、ださくちゃおしまいだ。洗練は絶対に必要だ。
事務所のレイアウト、パンフレット作り、日々作る文書も、いつもお手本は、彼と、彼のつくった製品やソフト、その思想とデザインだった。

彼とアップルに関する本はすべて読んだ。
学んだことは、すぐに実践した。

彼が、日本のことを大好きで、アメリカにすむある禅僧をメンターとしていること、蕎麦が好きでアップルの社員食堂には築地からスカウトしていった蕎麦職人がいること、起業した頃はソニーをお手本にしていて、オートメーションの洗練を学ぶために東芝の工場を見学しに来たことなども、日本人として誇りに思っていた。

僕のかなりの部分は、まちがいなくあなたの思想と実践によって形づくられました。
そして、その過程はとてつもなく楽しく、結果として、僕は充実した人生を歩んでいます。

ありがとうスティーブ。
おかげさまで健康に恵まれた僕は、まだしばらく、この世に留まることができそうです。
死ぬまで、あなたのSpiritに支えられつつ、それを次の世代に伝えていきます。

安らかにお休みください。


| | Comments (10) | TrackBack (0)

断食(その1)

1317859600307.jpg

 昔から、断食はしてみるものだと思っていた。
 古いところでは、石原慎太郎が、新しいところでは佐々木俊尚さんなどが、その効能について述べている。僕も、ときどき、週末にプチ断食したりして、その効果は実感していて、いつか本格的にやりたいと思っていた。

 今年は夏休みが取れなかったので、10月の初旬を利用して、伊豆の「やすらぎの里」という施設へやってきた。この計画を話したところ、仕事仲間であり顧問先のW社のMさんも同じ時期にいらっしゃることに。

10月3日(月)
午前中、懸案の大きな調停を成立させる。
一部、残念なところもあったが、その残念なところが事案の原因にもなっているので、なかなかむつかしい。

かなり長くかかり、その後、伊豆へ向かう。
朝から何も食べないで来てください、といわれているので、水とお茶だけでずっとすごす。

到着して、荷物運びをしていると、ちょうどMさんも着いたところだった。
その後、入所面接・診断。自律神経の働きに、やや高低があるが、まあ、ひどいものではないようだ。
肝臓系はやや興奮しているとのこと(笑)
体の年齢は実年齢+3くらい。

その後、マッサージ、吸玉療法、ローラーなどをやってもらう。
夕食は、お吸い物(実なし)だけ。
大切に大切にすこしづつ呑む。

その後、お風呂に入ったりして、
21時30分から夜のヨガ。安眠のためのものである。
眠る。
空腹感とお酒がないことで、眠れないかと思ったが、案外平気。

4日(火)
6時起床
6時30分 朝のヨガ
7時30分 気功体操
 それから自主的に散歩1時間
 入浴

10時00分 朝食 野菜ジュースが150ccくらい
 参加者は女性が80%かな。年齢層はさまざま。
 みんな「ありがたい、ありがたい」と感謝して、大切に一口づついただく。

10時30分 治療 電気マッサージ ひまし油シップ など
 その後、メールチェック・返信、読書など。

14時00分 マイクロバスでみんなで観光へ。
 道中、ついつい食べ物の看板に目が惹きつけられる。が、笑って話せる程度のこと。
 途中、フードコートやお土産物のある場所へ寄る。
 食べ物の香りを強烈に感じる。たこ焼きの写真などにも敏感に反応してしまっておかしい。

17時 整体ヨガ

18時 夕食 野菜スープ

21時30分 夜のヨガ

 とまあ、こんな調子で、毎日、盛りだくさんのメニューがあるので、退屈しない。
 休憩時間も、ひとりで、あるいはMさんに野口体操を教えたりして過ごしていて、あんまり本は読んでない。

 でも宮本常一さんの「日本人を考える」対談本だけどすごい本だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2011

明日から隠遁

1317559974330.jpg

なにもすることがないと困ると思って、書棚から持っていきたい本を選んでいたら、こんなに沢山になってしまった。

車だから、持って行ってしまおう!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2011 | Main | November 2011 »