« January 2014 | Main | March 2014 »

February 03, 2014

10年ぶりのインフルエンザ



 2014年2月の初日は38.8度の発熱からはじまった。
 前日から少し空咳がでていたので葛根湯やら早めのパブロン、のど飴、マスク、加湿、豆腐中心の消化のよいたべもの、温かいお酒を適量、体操と万全を期したのだが。まあ、この間、休みもないようなものだったし、ここ1週間はとてもタフなスケジュールを自分に課していたし。ゆっくり休めよとの天の配剤だろう。

 近くのクリニックを開院の朝9時に訪ねると順番は8番目。
 やっぱり頭ぼけていて読もうと思っていた本も忘れてきた。
 待合室の雑誌を手当たり次第に読む。
 病院の待合室の本て、手に取るのためらわれますけど、なんか「おれ、もうどーでもええけんね」と、谷岡ヤスジの漫画のキャラになった気持ち。
 待つこと1時間。

 問診・触診の後
「この季節ですからインフルエンザの検査をしましょう。朝から、ずっとこれやっています。」

 10分後
「インフルエンザでした。A型です。ウイルスの増殖はあまり進んでいません。
 薬をきちんと飲めば1日半で楽になると思います。
 しかし、水曜日までは他のひとに感染の危険があるので、できれば出勤は避けてください」とのこと。

 少しのお粥をたべ、タミフルを飲んで、亡くなった兄の遺品としてもらったネックウオーマー付きのパジャマに着替え、ひたすら眠る土曜日。苦しさはあるものの、甘美でもある。

 2日(日)
 日曜日の朝 37度台後半まで下がる。
 ここで調子に乗って、ぶり返したり、こじらせたりしないようにしないと。

 昨日、昏々とねむり続けたせいか、今度は眠れないので読書にはげむ。

 エクナット・イーシュワランさんの本を読む。
 
 何度目か読み返している

『スローライフで行こう』

 を読んでいるうちに、ブルーマウンテン・メディテーション・センターを調べたくなり、その過程で新しい訳書がでていることを知り、ヨドバシで注文。午後3時に注文したら7時には着くのがすごい。Amazonとちがってポイントもつくし。年会費いらないし。

『永遠の命 死を超えて未知の国へ』
『人間ガンジー 世界を変えた自己変革』

 スピリチュアル系の本も他ジャンルと同じく玉石混淆ですが、このイーシュワランさんは本物です。

 夕刻、人気のない事務所へいって明日から在宅勤務に備えて大量の資料を持ち帰る。
 まだ、仕事にとりかかる気力はなく

 中野翠さんの今夜も落語で眠りたい

 を開いて、YOUTUBEから中野さん推薦の噺をダウンロードする。

 志ん生
 文楽
 金馬
 志ん朝
 などが中心ですね。

 今年の初め、兄を見舞いにいったとき
「夜中に目が覚めたらスマホで落語を聴いていると、またいつの間にか寝てしまう。最高の睡眠薬だよ。」
 といっていたのを思い出す。

 パジャマを着ても『永遠の命』なんて本を読んでも、噺を聞いても、咳をしても、兄と結びつく。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« January 2014 | Main | March 2014 »