« March 2014 | Main | May 2014 »

April 05, 2014

潤子さん お疲れさま!



 元『赤い鳥』『ハイファイ・セット』の山本潤子さんが、喉の不調から活動を停止されるとの新聞記事に接した。あわててチケットを確保して、茅ヶ崎市のコンサートにでかけてきた。

 大学に入って本格的に音楽活動を始めた最初のユニットは、男性3名でAcousticギター2台のグループだった。そこに、国立音大の女の子3人が遊びにきて、彼女たちフロントに置いた新しいグループを結成した。これが、僕が本格的なバンドを組んだ初めての経験といっていいだろう。

 グループ名は『あぷりこっと』

 女性1名が交互にリード・ヴォーカルをとり、のこり2名がキーボードに回り、男性3名は、ドラム、ベース、エレクトリック・ギター。
 主として潤子さんがリード・ヴォーカルのハイファイセット、大橋純子などをコピーして演奏していた。
 
 『ファッショナブル・ラヴァー』
 『海辺の避暑地に』
 『土曜の夜は羽田に来るの』
 『恋のダイアリー』
 『最後の春休み』
  ・・・・
 かぞえあげればきりがない。
 ハイファイ・セットのバックは松原正樹さんをはじめ超一流のスタジオ・ミュージシャンが務めていたから、演奏をコピーすることで本当に多くのことを学んだ。

 ちなみに僕の妻は「あぷりこっと」のヴォーカルだった。

 そんなわけで、僕たち夫婦は潤子さんの楽曲の聴き手だったというだけではない深い関わりを持っていたという思いがある。

 潤子さんのあるCDには、僕と妻の声が収録されている。
 のちにソロになった潤子さんが江東区の文化センターでコンサートをされたとき『翼をください』に一般のひとたちのコーラスを入れたいとのことで、僕と妻も参加して収録がされた。

 今日のコンサートは「Ages of Folk and Pops」と題され、ご本人の本来のレパートリーの他に、潤子さんの愛した国内外の曲のカバーも披露された。まだコンサートは続くからセットリストを記すのはやめておこう。
 
 やはり、高音域には苦しんでおられた。
 でも、僕は痛々しさは感じなかった。
 潤子さんにも、苦しみ、抗う時間がなかったはずはない。
 しかし、それを経て「お聴きのとおりぼろぼろです」といいながら「いまのじぶん」をそのままみせておられる潔さに感じるところが大きかった。

 潤子さん、お疲れさまでした。
 ゆっくり休んでください。
 また、どんなかたちでもその至宝といってよい声を、唄を、聴かせていただける日を待っています。

PS 今日のコンサートの直前、ご主人の山本俊彦さんが亡くなられた
 そのことについては、上の文章に織り込むことができなかった。
 ハイファイセットのコンセプトは俊彦さんが創られたものだろう。
 お陰で僕たち夫婦と友人たちの「青春」は、はなやかで豊かに彩られました。
 ありがとうございました。
 ご冥福をお祈りします。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

« March 2014 | Main | May 2014 »