« 書評『小倉昌男 祈りと経営』(森健  小学館) | Main | 歳をとってもそれなりに健康でいるために »

April 30, 2016

ありがとう! メイ




March 25, 2002 - April 29,2016

2016年4月29日23時40分、メイが彼岸へ旅立ちました。
3月下旬に、肺水腫になって一時は危険な状態になったのですが、3日間の入院ですっかり元気になり、食欲もいつもどおりになっていました。
けれど27日の夜から急に体調がわるくなり、手を尽くしましたがおよびませんでした。

 2002年に動物写真家の森田米雄さんから譲り受けた世界でこれ以上なく可愛い(親バカ)のチワワ。
 
最初は家族に

 「ペットは飼ってもいいが、ペット中心の生活にはしない!」

といってたのに、真っ先に、この僕がメロメロになって、溺愛してました(ちなみに、このブログのタイトルの「撫明亭日乗」とは「メイを撫でているおじさんの日記」という意味です)。

甘やかしすぎたせいなのか、もともとの性格なのか、気が強くて、社交性がなくて、家族だけにしか気を許さず、時には家族にも牙をむく「ダメっ子」でしたが、ダメな子ほど可愛いのことばどおりでした。

小さい頃から、いろんな病気(尿路結石、子宮嚢胞、脱腸、頸椎ヘルニア、緑内障、心臓弁膜症)をして、避妊手術もして、小さいからだで、ほんとうによくがんばりました。

いまの住まいに引っ越してくるのとほぼ同時期から、子どもたちの中学生時代から、僕がいまの事務所を設立してから今日まで、14年間、ほんとうに「いるだけ」で、まわりのみんなを楽しませ、笑わせ、和ませ、癒してくれました。

   メイ、ほんとに長い間ありがとう!
   安らかに眠れ。
    

|

« 書評『小倉昌男 祈りと経営』(森健  小学館) | Main | 歳をとってもそれなりに健康でいるために »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78585/63557709

Listed below are links to weblogs that reference ありがとう! メイ:

« 書評『小倉昌男 祈りと経営』(森健  小学館) | Main | 歳をとってもそれなりに健康でいるために »