« ありがとう! メイ | Main

June 22, 2017

歳をとってもそれなりに健康でいるために

最近、立て続けに、親しい方が健康を損ねたときく。

そこで、私が実践していることをメモ的に書いておきます。

私は、子ども時代は「20歳まで生きられない」と噂されたほどの病弱でした。
その後も、不調をごまかしながら生きてきた感じでした。
40歳台前半で、ひどい肺炎になり、死の淵を見た気がしました。
それから、自分の健康に真摯に向き合うようになりました。

以下に書くことは、いずれも当たり前のことです。
ただ、当たり前のことを、倦まずたゆまず続けることが、結局は、成果につながるわけで。

ポイントは5つ。
① バランスの良い食事
② 適度な運動
③ 十分な睡眠
④ 無理をしないこと
⑤ 原理主義に陥らないこと

順に記すと以下のとおり。

① バランスの良い食事
野菜をメインにして、薄味の食事を心がける。
とはいえ、肉も魚も摂るよ。
ジャンクフードは、年に数回のみ
おお、神よ、罪深き我を許し給え、と祈りながら食べる
   
朝 梅干しと緑茶 果物とヨーグルトとカフェラテ
昼 玄米のおにぎり1個(しっかり食べると眠くなるので)
夜 好きなだけなんでも食べる お酒も呑む(大好き)

② 適度な運動
野口体操を朝15分くらい
水曜日は1時間近くやるかな
土曜日はクラスへいってしっかり90分くらい?
  
なるべく歩く 1日8000歩目標
通勤は早足で
Apple Watchで歩数や運動量は「見える化」する
体が重いと感じたら、歩いて帰宅する(約1時間)。

③ 十分な睡眠
8時間ちゃんと寝る。
夕刻以降はあんまり刺激のつよいメディアにふれない。
寝る前に、iPhone・iPadでYouTubeとかみない。
紙の本の、やわらかい内容の本を読みながら寝る。
落語を聴きながら寝るのもよい。 
昼間も眠くなったら15分でいいから静かな場所で仮眠する。

④ 無理をしないこと
疲れたら、すぐやすむ。
2日で帳尻をあわせる。
遅くまで働いたら、つぎの日ゆっくり出勤、さっさと帰る。
呑み会は連チャンで入れない。
体調が悪かったらどたキャンも厭わない。
親しい人には、約束してもどたキャンするかもしれないからごめんね、といっておく。
その代わり、そちらからどたキャンすることも気にしないでね、という。
最近は、水曜日は自宅で仕事をする。
月火はたらく、水は家で仕事と運動、木金はたらく、土日は運動とリラックス。
仕事にせよ、家の行事にせよ、土日にがんばりすぎない。

⑤ 原理主義に陥らないこと
厳格な菜食主義とかマクロビオティックとか
糖質を一切摂らないとか
これだけダイエットとか
ぜったいに酒は呑まないとか。
そういう極端に走らない。
第1、楽しくないしね。

ぜったいに西洋医学のくすりは服まないとかも、いけません。
火事が起きているときは、まず、火を消さないと。

清潔志向も度が過ぎないように。
毒を体にいれないのではなく、少々毒が入っても平気なからだになりましょう。

健康にいいこともやり過ぎないように。
ぜったいに毎日*キロ走るとか、痛みに耐えてがんばった自分を讃えるとかやめよう。

私としては、暮らしも仕事も、たのしくやりたく、そのためのベースが、心身の健康と考えて、この10年ちょっと、あれこれ試行錯誤してたどり着いたのがこんなところ。

これくらいやっても、衰えるべきところは衰える。
避けがたき病もあるでしょう。
それは運命や寿命として慫慂として受け止めたいと思っています。

|

« ありがとう! メイ | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78585/65443712

Listed below are links to weblogs that reference 歳をとってもそれなりに健康でいるために:

« ありがとう! メイ | Main