« June 2017 | Main | February 2018 »

January 30, 2018

手術成功祝いのステーキ



 妻はおかげさまで、順調に回復しております。
 きょうは、高島屋で伊勢廣の鶏団子を買っていってやりました。

 みなさま、個別にお礼を述べられずすいません。
 温かいお心遣いに、心から御礼申し上げます。

 昨日は、週末に買っておいたオージービーフを焼いて、赤ワインで手術成功祝いをいたしました。ひとりで。
 
 美味しそうでしょ。
 私は、牛肉は、いわゆる「サシ」が苦手で、赤身が好きなので経済的です。これで、原価250円くらいかな?大きい塊を切り分けたので。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 29, 2018

やよいの手術 無事終了



部屋移してもらって、待つあいだの執務室ができた。

8時半過ぎに病院へきました。
9時きっかりに、手術室へ。
デイルームがないので、ずっと9F病棟ロビーで待つ。
テレビの前なので、ノイズキャンセルイヤホンをセットして、モーツアルト聴きながら仕事。
でも、だれもテレビ見にこなかった(^_^)v

13時00分  看護師の高島さんから「終わりました」の報告。
13時20分  帰ってきました。
13時25分  執刀医の長谷川先生から説明。
    事前の説明では、よいシナリオ、やばいシナリオ、いろいろ聞いていました。
    が、いちばん、よい流れであったとのこと。
     
    長谷川先生、助手の先生、ナースのみなさん、応援してくださった皆さん。
    ありがとうございました!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 28, 2018

妻の人工股関節「再」置換手術



長らく事実上閉鎖・中断しておりました、このブログを、この機会に再開します。

再開のいきさつは別の機会に書くとして、妻が、明日、人工股関節の「再」置換手術を受けます。
前回は、ほぼ10年前のことでした。

おかげさまで、この10年間、妻は、股関節のことでは不自由なく過ごすことができました。
今回も、自覚症状は特にないのですが、緩みが生じているということで、不慮の事態に備えて、再置換手術を受けることにしました。1週間前から術前措置のために入院しています。

ご恩ある病院には申し訳ないんですが、食事が…
というので私が、牛肉とごぼうでちょっとしたおかずを作って持っていきました(写真)。
自分では、出来が今ひとつだと思ったが、美味しいと食べてくれてよかった。

思えば10年前は、息子も娘もメイもいたのに、今回は、家ではひとりぼっち。さびしい。

ま、それはともかく、今回も信頼できるドクターにお任せして、きっと、いい結果がでると思っています。

あす9時から。
また、報告します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 03, 2018

精神が健康である基準

必要があって中井久夫先生の本を読み返している。
精神医学の世界からつきぬけて普遍に達していることばばかり。

《だれも病人でありうる、たまたま何かの恵みによっていまは病気でないのだ」という謙虚さが病人とともに生きる社会の人間の常識であると思う。》

《正常であるかどうかの7つの判断基準
・いい加減で仕事や追及をやめる能力
・いやなことは自然に後回しにする能力
・できたらやめておきたいと思う能力
・一人でいられる能力、また二人でいられる能力も必要
・ウソをつく能力
・いい加減で手をうつ能力
・しなければならないという気持ちに対抗できる能力》

《私たちを内面的にも外面的にも守ってくれるのは無名性である。本当の名医は名医と思っていないで、日々の糧のために働いていると思っているはずである。》

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« June 2017 | Main | February 2018 »